「もう会社にはいかない…」岡山天音演じる蓮太郎がクビ目前!?『同期のサクラ』第4話

「もう会社にはいかない…」岡山天音演じる蓮太郎がクビ目前!?『同期のサクラ』第4話

岡山天音

高畑充希が主演を務めるドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00〜)の第4話が、10月30日に放送される。

『過保護のカホコ』の制作チームが集結し、脚本・遊川和彦×主演・高畑が再びタッグを組んで送るオリジナルドラマ。“故郷と本土を結ぶ橋を架けること”を夢見て、大手ゼネコン・花村建設に入社した忖度できない主人公・サクラと同期たちの10年間を、1年=1話で描いていく。また、サクラの同期役として橋本愛、新田真剣佑、竜星涼、岡山天音が出演する。

またこの度、話題の主題歌「さくら(二〇一九)」 と共に、これまでの名シーンを振り返る特別映像がYouTube の日テレ公式チャンネルと公式ツイッター(@douki_sakura)にて公開された。

<第4話あらすじ>
2019年夏、眠り続けて3か月が経つサクラ(高畑)の病室に訪れた蓮太郎(岡山)は、サクラの手に残る傷痕を見ながら社会人4年目の出来事を思い出していた……。

2012年9月。前年の震災の影響でサクラの故郷・美咲島に架ける橋の着工は延期。土木部で故郷に架ける橋作りに関わりたいという夢は遠のくものの、社史編纂室に飛ばされながらも目の前の仕事に全力で取り組んできたサクラは1年ぶりに人事部に戻ることに。再び人事部長・黒川(椎名桔平)とすみれ(相武紗季)の下で働くことになったサクラは、早速メンタルヘルスケアプロジェクトの担当を任され、ストレスチェックのアンケートを回収するため各部を回る。

そんな中で、ネガティブ思考で、自分の殻に閉じこもる蓮太郎がイジメを受けていることを知る。あるきっかけで「もう会社にはいかない」と無断欠勤を続ける蓮太郎だが、このままではクビになってしまうと聞いたサクラは同期の力を借りようとするが……。

関連記事(外部サイト)