坂上忍&上沼恵美子『東西べしゃり歌合戦』の初共演で意気投合「大好き同士です」

坂上忍&上沼恵美子『東西べしゃり歌合戦』の初共演で意気投合「大好き同士です」

上沼恵美子、坂上忍

11月1日(金)19時から放送される『上沼恵美子×坂上忍の東西べしゃり歌合戦』(フジテレビ系)の収録がこのほど都内で行われ、上沼と坂上が収録後、初共演の感想などを語った。

本番組は歯に衣着せぬ物言いの東西のMC2人のもと、2019年に色々と話題になった芸能人が東チームと西チームに分かれ、トークと歌合戦を行う音楽バラエティ。番組中、坂上と上沼がそれぞれ歌を披露するのも見どころの一つだ。坂上は生歌披露について「僕の歌のところはカットしてもらうようお願いしようと思っています」とジョークを交えつつ、「今日は気持ちを込めて上沼さんにお届けするつもりで歌いました」と照れくさそうに感想を語った。

坂上は上沼に対しては以前から尊敬心を抱いていたといい、「バラエティのイロハを教えてもらったのは上沼さんの番組。隣に立たせてもらえる日が来るとは思っていなかったんです。共演できて本当にありがたかったです」と嬉しそうな表情。上沼も「坂上さんのことは尊敬しています。大好きです。『バイキング』も見てます。だから収録中は嫌われたくないなってずっと考えていました」とはにかみながらコメント。「(コメントが)率直同士なのでぶつかるかなって心配していたんです。でも今は大好き同士です」と相思相愛の様子。

上沼は大阪が芸能活動の拠点のため、東京での収録の感想を問われると「アウェイな感じはあります。建物がだいたい威圧感があります。天井高すぎる。首都はすごいな、負けたなって」と“敗北宣言”。「わたしは芸能界のラストステージに上がっているような気分なんです。余命何か月というわけではないですよ。でも(年齢的に)ラストステージだなというのはあるので、たまにオファーがかかると、東京にも来たいなって。今回もありがとうございます。いい経験をさせてもらいました」と今回のオファーを受けた理由を説明した。

これに坂上は「僕は上沼さんが東京に来てくださると思っていなかった。でもやっぱり、スタッフも出演者も上沼さんが来ることで緊張感を感じた。それはすごくいいことだと思います」とコメント。「上沼さんと東京の司会者との違いは?」と問われると、「それはもう全部ですよ」と発言。「本当に今日も圧倒されました」と上沼の司会力に感服した様子だった。

関連記事(外部サイト)