木村拓哉が人生初の白髪姿に!2020年1月フジ系主演ドラマ『教場』

木村拓哉が人生初の白髪姿に!2020年1月フジ系主演ドラマ『教場』

木村拓哉

木村拓哉が主演を務めるフジテレビ開局60周年記念特別企画『教場』が、2020年1月4日(土)・5日(日)の二夜連続21時からの放送が決定。さらに、これまでベールに包まれていた木村演じる“風間公親”の白髪・義眼のポスタービジュアルが解禁された。

ベストセラーとなった長岡弘樹の「教場」シリーズが原作の本作は、警察学校が抱えるリアリティを描ききる衝撃の問題作。脚本・君塚良一、演出・中江功という最強の制作陣を迎え、木村演じるカリスマ教官・風間が教壇に立つ教場(警察学校教室)、通称“風間教場”に集う多種多様な生徒役として、工藤阿須加、川口春奈、林遣都、葵わかな、井之脇海、西畑大吾、富田望生、味方良介、村井良大、大島優子、三浦翔平といった豪華若手キャストが集結する。さらに舞台となる警察学校の教員として、小日向文世や佐藤仁美、和田正人といった超豪華俳優陣に加え、その他にも石田明(NON STYLE)、高橋ひとみ、筧利夫、光石研といった実力派俳優陣が出演する。

原作では「冷厳な白髪教官」「どこか焦点が定まらない双眸(そうぼう)」と表現されている風間を、白髪で色のついた眼鏡をかけ、手には白手袋を持ち、肘をたて指を組んでたたずみ演じる木村。顔の右側には影が落とされており、その全貌は明らかになっていない。限りなく原作に近づけるため、ヘアメイクは原作「教場2」の書影を参考に、監督を始めスタッフと木村とで何度も話し合いを重ね作り上げた。

これまで若々しい役どころが多かった木村は、自身のビジュアルに「撮影現場に来られた一般の方が“今日木村拓哉が来ているってどこにいるの?”と言っている横に自分がいました(笑)。それくらい分からなかったんじゃないかなと思います。普段との見た目のギャップがあったのかもしれないですね。本編のできあがりが本当に楽しみです」とコメント。自身の変貌ぶりに本人も驚きつつも自信をのぞかせる。また、ポスタービジュアルでは木村の周りには金網のようなものが敷かれ、その中に“風間教場”の生徒たちが様々な表情で配置されており、まるで警察学校を篩(ふるい)に見立て、その中にいる生徒たちを木村が見つめているようにも取れる。警察学校を舞台に繰り広げられる様々な人間模様が描かれる本作に、さらに期待が高まる。

関連記事(外部サイト)