新木優子演じるユリカ、マコチのハンカチから女性の気配に気づき…『モトカレマニア』第3話

新木優子演じるユリカ、マコチのハンカチから女性の気配に気づき…『モトカレマニア』第3話

難波ユリカ(新木優子)

新木優子と高良健吾がW主演を務める木曜劇場『モトカレマニア』(フジテレビ系、毎週木曜22:00〜)の第3話が、10月31日に放送される。

本ドラマは、現在「Kiss」(講談社)にて連載中の瀧波ユカリの同名コミックを原作に、元カレ・斉藤真(通称:マコチ/高良)を引きずるあまり、“モトカレマニア”になってしまったぶっ飛びOLの難波ユリカ(新木)の混乱と暴走と試行錯誤を描くラブコメディ。

第2話では、浜野謙太演じる大手食品会社勤務のサラリーマン・山下章生がユリカに自分は“モトカノマニア”だと告白。意気投合した2人は、脱モトカレマニアと脱モトカノマニアを目指し、頭文字をとって脱MKM同盟を結成する。しかし、ユリカはマコチのハンカチから高級柔軟剤の香りがしたことで、親しい女性がいるのではと胸がザワつく。

<第3話あらすじ>
ユリカ(新木)は、マコチ(高良)から、山下(浜野)との恋も仕事も全力で応援する、と言われてしまう。ユリカは、再び“モトカレマニア”としてマコチとの思い出の中で生きる決意を固め、そのショックから復活する。
 
そんな折、ユリカが配ったチラシを見て、物件を買いたいという一組の夫婦から連絡が入る。折しも、仮採用期間終了まで残り3日。この契約が成立すれば正社員になれると張り切るユリカ。社長の安藤(小手伸也)は、マコチにユリカのサポートをするよう指示する。その話を聞いた親友のひろ美(よしこ)は、ユリカのことを心配する。しかしユリカは、かつてアルバイト先の焼き肉店でマコチと出会ったときのように、先輩・後輩という関係に立ち戻る、と宣言する。一緒に仕事をして信頼を育むのは、恋愛よりもずっと尊い関係だと言うのだ。

一方、山下は、食べ歩きマニアが集う「食べログ会」に同僚の千鶴(趣里)を連れていく。その帰り道、山下は、千鶴から、好きになった、といきなり告白される。

ユリカは、マコチとともに、購入を申し込んできた花澤健司(金井勇太)・美希(田中こなつ)夫妻を内覧に連れていく。美希は妊娠中だった。物件を気に入った健司たちは、すぐに申し込みをしたいという。ただ、彼らは他にも申し込んでいる物件があるらしい。そこでマコチは、可能性があるのなら物件を磨いて良さを伝えよう、とユリカに提案するが……。

関連記事(外部サイト)