田中圭ら『おっさんずラブ-in the sky-』キャストの関空ロケショットが到着!

田中圭ら『おっさんずラブ-in the sky-』キャストの関空ロケショットが到着!

和気あいあいムードのキャスト陣

田中圭が主演を務める土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15〜)が、11月2日にスタート。田中をはじめ、吉田鋼太郎、千葉雄大、戸次重幸の最新ショットが到着した。

『おっさんずラブ』の新シリーズとなる今作は、航空業界を舞台に、CA・春田創一(田中)、パイロット・黒澤武蔵(吉田)による新たなおっさん同士の恋模様を描く。航空会社「Peach」が撮影に協力しているということで、今回はPeachのお膝元・関西国際空港で撮影が行われた。

35歳にして「天空ピーチエアライン」の新人CAの道を歩み始めた春田を演じる田中は、飛行機に乗り込み、機内販売やアナウンスをするイメージカットの撮影に臨んだ。その際、乗客の役として実際にPeachで働くCAやパイロット、整備士らがエキストラ参加。シートにズラリと着席した“プロ”から、田中がマイクの持ち方のアドバイスを受けるなど、終始笑顔あふれる撮影となった。

“グレートキャプテン”と呼ばれる優秀なパイロット・黒澤を熱演する吉田は、コックピット内での撮影だけでなく、飛行機がズラリと並び、誘導路の灯火がロマンチックに光り輝く美しい夜の空港で、春田に告白するシーンを撮影。夜遅い時間にも関わらず、テンションMAXで思いを打ち明ける吉田の絶叫告白には、思わずキャスト&スタッフも大爆笑となった。さらに、PR映像で放送されている吉田が鐘を鳴らすシーンが話題となっており、鐘が設置されている展望ホールが早くも聖地化している。すでに巡礼に訪れるファンもいるという。

副操縦士・成瀬竜役の千葉は、コックピット内での撮影に臨んだ。普段は決して入ることのできないコックピットに千葉はすっかりハイテンション! 無愛想でドライというめんどうくさい性格の成瀬を演じているため、劇中ではクールな表情を見せることの多い千葉だが、待ち時間は別。自分の出演シーンがない時も駐機場に残り、目をキラキラさせて飛行機を眺めていた。

一方、飛行機のエンジンの中をのぞき込むという貴重な体験をしたのは整備士・四宮要を演じる戸次。「こんな経験できないよね!」と大興奮だった。

<第1話あらすじ>
バカでまっすぐでお人よしで情にあつい、独身ポンコツダメ男・春田創一(田中)は、35歳にして突然リストラ!? 途方に暮れていたところを、高校時代の後輩に救われ、航空会社「天空ピーチエアライン」に転職。ピカピカのアラフォー男性CAとして、女の園に放り込まれ、新生活がスタートする!

そして迎えた、CAデビュー当日――。

人助けをしたことでブリーフィングに遅刻した春田を待っていたのは、機長・黒澤武蔵(吉田)の「このフライトから外れてもらう」という厳しい通告だった……。

しかし落ち込んだのもつかの間、春田の目に“とんでもないもの”が飛び込んでくる。それはロッカーからバサバサとあふれ出てきた大量の紙……に描かれた、あらゆる表情の春田のデッサン。え、え、え、俺? これは何!? いやいやおかしいだろ! え、誰が!? 平静を装いながら、絵心のある社員を探る春田だが、なんとフライトを終えたグレートキャプテン黒澤とすれ違った際、床に落ちていたデッサン用のペンを見つけてしまい……?

その後、副操縦士の成瀬竜(千葉)が女性と口論になっているところに、うっかり出くわした春田は、「ほかに好きなヤツができた」というセリフとともに、成瀬から突然キスをされ……!?

さらに、社員寮に戻った春田が隣の部屋で暮らす兄貴分の整備士・四宮要(戸次)に波乱の一日を報告すると、四宮から「俺もキスできるよ」と真顔で告げられて……?

物語は大地から空へ。

ご搭乗の皆様、恋の離陸準備は、できていますか――?

はたして春田のラブ・ファーストフライトの行方は……!

関連記事(外部サイト)