木村拓哉演じる尾花の過去が原因で閉店の危機!『グランメゾン東京』第5話

木村拓哉演じる尾花の過去が原因で閉店の危機!『グランメゾン東京』第5話

鈴木京香、及川光博、沢村一樹

木村拓哉が主演を務める日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系、毎週日曜21:00〜)の第5話が、11月17日に放送される。

本作は、木村演じる型破りなフランス料理シェフ・尾花夏樹が、もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。木村のほかに、鈴木京香、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹らが出演している。

先週放送された第4話で「グランメゾン東京」は、いよいよプレオープンを迎えた。しかし、柿谷(大貫勇輔)が突然店からいなくなったり、メインディッシュとして提供するはずだったウニの下ごしらえが全くされていなかったりと、ピンチに陥った尾花たちだったが、祥平(玉森)の手助けもあり、なんとかプレオープンを成功させた。

その後、店から消えた柿谷は「gaku」のオーナーを務める江藤(手塚とおる)と繋がっていたことが明らかに。さらに江藤は、プレオープンの営業を終え帰宅途中の芹田(寛一郎)と接触。お金をちらつかせて「グランメゾン東京」の動きを教えるように迫るのだった……。

<第5話 あらすじ>
3年前のナッツ混入事件について、リンダ(冨永愛)が書いた記事がもとで、記者からの直撃取材を受ける尾花(木村)と倫子(鈴木)。記事は尾花の過去についても大々的に書かれており、炎上してしまう。

そして、ついに迎えた「グランメゾン東京」オープン当日。しかし、前日までいっぱいだった予約はすべてキャンセルという最悪の滑り出しとなってしまう。オープンして、すぐに閉店の危機。そんな中、尾花は余った食材でフードフェスに出店することを提案する。店に人が来ないのであれば、自ら外に売り出しにいくことで、お客さん誘導に繋げようと考えたのだ。そして、そこに強力な助っ人が加わった。祥平(玉森)だ。祥平は、美優(朝倉あき)の父・西堂(岩下尚史)から、「グランメゾン東京」に融資した際のことを咎められたこともあり、尾花のもとを訪ねていた。全員で、力を合わせてフェスに向けた料理開発に挑むことに。はたして、尾花たちは失った信用を取り戻し、顧客を獲得することが出来るのか……?

関連記事(外部サイト)