クロちゃん、アイドル候補生にセクハラ行為連発でネットは「隠しきれぬ嫌悪感」『水曜日のダウンタウン』

クロちゃん、アイドル候補生にセクハラ行為連発でネットは「隠しきれぬ嫌悪感」『水曜日のダウンタウン』

記事画像

11月13日の『水曜日のダウンタウン』(TBS系、毎週水曜22:00〜)では、安田大サーカス・クロちゃんの企画「モンスターアイドル」の第2話が放送された。インターネット上では、彼の大暴れっぷりに辛辣な言葉が相次いだ。

これまで同番組で、数々の伝説を残してきたクロちゃんの新企画「モンスターアイドル」が先週からスタート。本気でアイドルを目指す少女たちとプロデューサーの肩書きをもらったクロちゃんとのドキュメンタリーとなっている。メンバーは、アイカ、カエデ、ミユキ、ミスズ、カナ、ヒナタ、ハナエ、ナオの8名。今回から沖縄合宿が4日間行われ、1日1名が脱落し、最終的にクロちゃんが選出した4名がデビューとなる。

合宿所に到着するやいなや、クロちゃは水着審査があることを告知。下心が見え隠れする彼の戦略にスタジオからは早速悲鳴が上がる。しかし、彼には彼の考えがあるようで、グループにはグラビア担当が必ずおり、週間誌の表紙を飾るようなメンバーが必要であると説明した。この彼のコメントに、プレゼンターのたむらけんじは「何プロデューサーっぽいこと言うてんねん」と感心しつつもツッコミを入れた。

審査では、パレオをめくったり、両手を上にあげさせてワキを見ようとしたりとやりたい放題。プライベートのスマホを持ち出して動画や写真も撮りまくった。その後は全員でプールで遊んだのだが「誰の近くの水を飲もうかな?」と追いかけまわす姿も。「みんなが入っているプールの水は美味しい」というコメントには、さすがの候補生もドン引きしていた。

その後は、BiSHのアイナ・ジ・エンドを迎えてのダンス練習。レッスン後には、数人のメンバーで海へと繰り出し、そこでクロちゃんは、お気に入りのメンバーである、ナオとカエデをそれぞれ1人ずつ呼び出した。特にカエデに対しては、自身がプロデューサーにも関わらず、遠回しに好意を伝え、最終的には顔を近づけて「キスしたい」と本音を漏らす一幕もあった。

食事を楽しんだ後、メンバーのカナとヒナタと深酒するクロちゃん。ヒナタと2人っきりになると、彼女から「どうしたら1番になれるんですか?」と頬にキスをされる。彼女の大胆な行動にクロちゃんはドギマギしつつ、彼女がその場を後にすると「タイプじゃないんだけどな〜」と叫んで、スタジオから反感を買っていた。

ネット上では、クロちゃんのゲス行動の数々に「最高に気持ち悪い」「隠しきれぬ嫌悪感」「マジで怪物に見えてわらえてきた」といったコメントがあった。

関連記事(外部サイト)