笑福亭鶴瓶、吉田茂役で主演『アメリカに負けなかった男』生田斗真は白洲次郎役に

笑福亭鶴瓶、吉田茂役で主演『アメリカに負けなかった男』生田斗真は白洲次郎役に

笑福亭鶴瓶と生田斗真

笑福亭鶴瓶と生田斗真が、2020年に放送されるテレビ東京開局55周年特別企画スペシャルドラマ『アメリカに負けなかった男〜バカヤロー総理 吉田茂〜』(テレビ東京系)に出演することがわかった。テレビ東京のドラマ初主演となる鶴瓶は、主人公の吉田茂を演じる。

国内外の情勢が混迷の度合いを増している中、来年は戦後75年という節目の年を迎える。終戦直後、日本はアメリカを中心とした連合国軍に占領された。そんな混乱を極めた時代に、「日本は絶対立ち直る」という信念のもと、マッカーサーを筆頭としたアメリカ相手に粘り強く交渉を続け、強力なリーダーシップで日本の独立、復興のために突き進んだのが、本作の主人公“稀代の政治家・吉田茂”。時の総理大臣として、日本の未来をどう見据え、何を思ったのか?

鶴瓶は、雰囲気、貫禄、笑顔といったビジュアルだけでなく、「人たらし」とも言われた性格に至るまで、限りなくリアルに吉田を演じる。また、生田は、吉田の右腕として、日本の独立復興のために奔走、アメリカから“従順ならざる唯一の日本人”と呼ばれた白洲次郎を演じる。

今回の発表をうけ、鶴瓶と生田からコメントが到着。以下に紹介する。

<笑福亭鶴瓶コメント>
――吉田茂を演じてみていかがでしたか。

「吉田茂をやる」と決まった時から声がガラガラ声になってきました(笑)。カメラマンが見せてきた写真を見て「吉田茂は確かにこんな感じやね」と話してたら、「これ鶴瓶さんですよ」って言われて、自分でも(あまりにそっくりで「えーーー」ってなって。ヨメさんにも吉田茂さんが降りてきたんじゃないかって言われました。(自分自身も)演じれば演じるほど吉田茂を理解していきました。吉田茂は年を取ると権力にしがみつくようになっていくんですけど、それによって晩年を汚すという部分が、人間味があって更に面白いなと。人間の業を思わせてくれるのがとても良いですね。

――撮影で苦労された点はありますか?

台本を頂いた時はどうしようかなと思って。英語は丸覚えでどうにかなったんですけど、大変だったのは標準語。全部覚えてきてんねんけど、一か所違うといわれたら、どうすればいいのかわからなくなってしもうたりして。だから(生田)斗真がおってほんまによかったですよ。監督も秋田の人ですからね、何か直されても不本意なんですけど、斗真に言ってもらったら聞けるんです(笑)。あと収録で大変だったのは眼鏡。鼻眼鏡だから喋ってる時に落ちそうになるんですよ。こんなに鼻先に気を使って 、アシカの気持ちがわかりました(笑)。

――豪華キャストの皆様との共演はいかがでしたか?

今作品は共演者も凄く豪華で、ゴールデンで主役やるような方々に囲まれて、キャスティングも頑張ってもらったなと思います。ただ今回は政治の話も出てきますし、長いセリフが多かった。更にイントネーションと何重苦でしたし、周りに迷惑を掛けないように頑張りました。すごく印象に残っているのは、講和条約を締結して演説の下読みをするシーン。本当に「日本は独立するんだ」って気持ちになって声を出して泣きました。(吉田茂の)そこまでの過程や苦労を踏まえた上で、この“独立”という言葉を見たときに自然と涙が出た。しかもこのシーンでは斗真も涙目だったんです。「あ、泣いてるな」って思いながら読み始めたら、こちらも号泣したっていう。普段泣かないので演技で泣くのも珍しいんですが、その中で自然と涙が出てしまうというのは自分でも不思議でした。

――ドラマのみどころなど、視聴者の方々へメッセージをお願いします。

『A-Studio』(では人の人生を掘り起こすんですけど、今度は人の人生を自分が演じるっていう…そして演じてみると、その人の人生がすごく面白いんですよね。あんな偉大で日本の土台を作った人ですから、“歴史”というより“事実”として見て頂きたいと思います。


<生田斗真コメント>
――ご出演が決まった時のお気持ちをお聞かせ下さい。

鶴瓶さんが吉田茂をやられるという部分で、非常に心惹かれました。バラエティ番組とかプライベートのお付き合いとかで何度もご一緒しているんですけど、役者・笑福亭鶴瓶に会ってみたいなと思って、作品に参加させて頂きました。やっぱり今の日本という国にとって、吉田茂と白洲次郎という人は欠かせない日本のヒーローだと思っているので、そんな大役を務めるっていうのは身が引き締まる思いだなと思って毎日撮影していました。

――白洲次郎を演じてみていかがでしたか。

皆さんそれぞれに白洲次郎像がおありにあると思うんですけど、自分なりの日本を愛する気持ちと、何よりも吉田茂という男に惹かれた、歳は離れているんですけど友情に近いような関係性っていうのを、僕と鶴瓶さんの中で出せていければなと。特に晩年、吉田茂にものを言える人はそんなに多くなかった。でも白洲さんは物怖じせずにきちんと意見を言っていた方だと思うので、その辺の吉田茂との距離感を出せればいいなとは思って。特に何をという訳ではないんですけど、変に気を遣うことのない友情関係っていうものが表現できたらなと思って演じました。

――生田さんが考える白洲次郎の人物像とは?

男としてあこがれる存在のひとりだと思うんですよね。外見もすごくかっこいい人だったと思うし、自分の信念を貫き通すっていう部分もそうだし、周りの人間たちが長いものに巻かれていく中で、きちんと「それは違うんだ」「NOだ」ということを叫び続けた人だと思うし、憧れを持ちますね。

――鶴瓶さんが演じる吉田茂はいかがでしたか?

平和条約の受諾演説を白洲が手渡して、それを吉田が読み上げるっていうシーンを撮ったんですけど、すごかったですね。人のお芝居を見てここまで心震えたことがあっただろうかっていうくらい、感動して衝撃でした。吉田茂と重なる部分があったし、鶴瓶さんの芝居を見て、撮影現場なんで、どの部署も静かにしてなきゃいけない場面なんですけど、みんなが必死に嗚咽を堪えながら、それぞれの仕事をしているという。瞬間に空気が変わる感じを目の当たりにして、これはちょっと生涯忘れないだろうなというシーンでした。そのシーンを一緒にやれただけで、この作品に参加できてよかったなと思いました。

――ドラマのみどころなど、視聴者の方々へメッセージをお願いします。

日本が、黒船が来航してペリーが来航して、そこから鎖国していた国が開国をして、100年もたたずに日本は戦争という戦乱の渦に巻き込まれていって潰れてしまう……そのもう一つの変わり目が、この時代だったと思うんです。今回は、戦後、日本が独立をしてもう一度立ち上がって、平和な国としてまた100年続けられるのか、継続する国になれるかということが作品のテーマとしてあるんですけど、世界の情勢とか国内の問題とかある中で、もう一度平和とか、日本という国のことを考える大きなきっかけになると思うし、見て下さった方々に大きなメッセージとして届いてくれたらいいなと思います。

関連記事(外部サイト)