速水もこみち、愛する女性に奴隷志願する超ドM社長に!『この男は人生最大の過ちです』

速水もこみち、愛する女性に奴隷志願する超ドM社長に!『この男は人生最大の過ちです』

『この男は人生最大の過ちです』メインビジュアル

速水もこみちが、2020年1月スタートのドラマ『この男は人生最大の過ちです』(テレビ朝日、毎週土曜26:30〜/ABC、毎週日曜23:35〜)で、10年ぶりとなる連ドラ主演を務めることがわかった。速水は、愛する女性に奴隷志願する“超ドM”な社長を演じる。

3500万DLを突破した九瀬しきによる同名電子コミックが原作。速水が演じるのは、顔よし、頭脳よし、家柄よしの非の打ち所がない若き製薬会社社長・天城恭一。優秀な研究者でありながら経営者としても一流で、世間の注目を集めているが、天城には知られざる秘密が……。それは、一途に思いを寄せる女性社員・佐藤唯だけに見せる「ドM」な一面。社長室まで呼びつけておきながら、「僕を奴隷にしてください!」と土下座する“ツンドレ”キャラだ。

その天城から強烈な愛を注がれる唯を演じるのは、松井愛莉。社内でのおとなしいイメージからは想像できないような“隠れドS”という素質を持つ唯。彼女の飾らないストレートな言葉を浴びせられた天城は、まるで雷に打たれたかのように恋に落ちてしまう。あろうことか社長から奴隷志願されるという非常事態に、唯の心は揺れていく…。

また、天城の同級生で、同じく浮世離れしたハイスペックな天才外科医と美人科学者を演じるのは、平岡祐太と田中道子。ゴージャスなルックスにクセの強い2人は、天城社長と唯の恋の行方を大きく左右する重要人物として、物語中盤から登場する。

速水と松井からのコメントを、以下に紹介する。

<速水もこみち コメント>
――ドラマ『この男は人生最大の過ちです』への出演が決まったときの率直なご感想を教えてください。

まずお話を頂きとても嬉しく思いました。漫画原作を読み、個人的にはあまり見たことがないような物語と登場人物たちが描かれているのでドラマ化するにあたり、これは面白くなるのではないかという印象をもちました。

――今回演じる「天城恭一」の魅力や役どころはどんなところでしょうか?

役どころは製薬会社の社長ではありますが松井さん演じる佐藤唯と出会うことにより、恋心が目覚め、「自分を奴隷にして下さい」と言ってしまうような人物です。行き過ぎた発言や行動によっては引かれてしまいますが、ピュアであるがゆえにしつこく付きまとう姿にも、実はある過去や理由があります。そんな一面にも人としての魅力を感じました。

――視聴者の方へのメッセージや意気込みをお聞かせください!

性格が両極端の2人が出会い、どんな展開に発展していくのかも見どころの1つでもありますし、またドMな天城とドSな唯とのやりとりも必見です。ぜひお楽しみください。

<松井愛莉 コメント>
――ドラマ『この男は人生最大の過ちです』への出演が決まったときの率直なご感想を教えてください。

お話を頂いてまず原作を読ませて頂きました。とてもおもしろい作品がゆえに、嬉しさの反面不安もありました。。ドSな強い役どころだったので、私に務まるのかと。でも撮影を進めていくうちに唯のドSぷりにはまりかけています。笑

――今回演じる「佐藤唯」の魅力や役どころはどんなところでしょうか?

唯はとても感情に素直で、思っている事がはっきり言える強い女の子です。そして社長と接するうちに唯のドSぷりがエスカレートしていく姿にも注目してほしいです。

――視聴者の方へのメッセージや意気込みをお聞かせください!

とても個性豊かなキャラクターが沢山で共演者の皆さんの勢いに圧倒されています。撮影中、笑いを堪えるのに必死な毎日です。。私も共演者の皆さんに負けずおもしろい作品になるよう日々、奮闘しています。私が演じる唯ともこみちさん演じる社長の関係性にぜひ注目していただき、楽しみにして頂けたら嬉しいです。

<あらすじ>
天城製薬の派遣社員・佐藤唯(松井)は、愛犬を亡くした悲しみからバーで酒をあおっていた。「生き返る薬、開発しろよ〜」と泣きながらクダを巻いていると、一人の男が声をかけてくる。

「死んだものは生き返らない」。その代わりに、過剰摂取すればすぐにでも犬に会える薬を教えると言う。さらに「無駄吠えは家でやっていただけませんか」と、容赦ない言葉を連射。すると唯は、仕返しに足を引っかけて男を転ばせると、「わざとでーす」と言い捨て店を出る。その男が、自社の社長、天城恭一(速水)であることも知らずに……。

翌日、社長室に呼び出された唯は、クビを覚悟で出頭。しかし、天城が唯に告げた言葉は、「僕を奴隷にしてください」だった。以来、唯は意識レベルがまったく違う天城につきまとわれ始める。蔑んでもいたぶっても、天城は恍惚の表情。唯のために面前での土下座をも辞さず、自ら醜態をさらすことに快感を覚える天城。

そんな社長の“ドM”気質を、唯の他に知る者などいるはずもなく……。先輩である石川麻美(片山萌美)からは、「手放しちゃダメなタイプでしょ!」と背中を押され、社長に忠実なエリート秘書・名取蒼(入江甚儀)には「会社のために社長に付き合ってくれ」と懇願され、唯の日常はことごとくかき乱されていく!

天城との関係を切ろうとすればするほど、その意に反して接点が増してしまう中で、唯は天城の同級生で超ハイスペックな三島冴(田中)、藍田航之郎(平岡)と知り合う。多能性細胞開発者でノーベル賞候補の冴、神の手を持つと称されるスーパードクターの航之郎、そして経営者としてだけでなく研究者としても海外にその名を馳せる天城の中にあって、唯は浮世離れした四角関係に巻き込まれていく……。

関連記事(外部サイト)