マツコがお姫様に!?少女漫画から抜け出したような接客を体験『マツコの知らない世界』

マツコがお姫様に!?少女漫画から抜け出したような接客を体験『マツコの知らない世界』

「アフタヌーンティーの世界」

マツコ・デラックスも“知らない世界”を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57〜)。11月26日の放送では、「アフタヌーンティーの世界」と「ソーセージの世界」に迫る。

19世紀のイギリス貴族が始めたというアフタヌーンティーが、今、日本で密かなブームとなっているという。SNSでの投稿数も、人気のタピオカに迫る勢いだ。そんな「アフタヌーンティーの世界」を語ってくれるのは、マリー・アントワネットに憧れ、ロリータファッションに身を包み、洋館やホテルのラウンジに出かけては、アフタヌーンティーでお姫様気分を味わうこと1000回以上のゆかりーぬさん。

アフタヌーンティーのWEBサイトも開設しているというゆかりーぬさんが、誰でも超お姫様気分が味わえるホテルのアフタヌーンティーなど、様々なお店の特徴を明かしながら、満喫するための基礎知識やマナーを伝授する。さらに、リーズナブルに自宅で楽しめるためのティースタンドの数々も紹介する。

そしてスタジオでは、究極の接客が味わえるという、都内の人気店をマツコが実際に初体験。少女漫画から抜け出したような執事たちのおもてなし術とは?

一方、「ソーセージは宝箱に詰まった小宇宙! 味も形も無限大!」と語るのは、ソーセージに衝撃を受け専門店を営む村上武士さん。1985年、赤ウインナーや魚肉ソーセージが多かった日本にセンセーションを巻き起こしたのが「パリッと音がする」ソーセージで、それ以来、音に特化したソーセージが主流となったという。

村上さんは役者になることを夢見ていたが、31歳の頃、とあるレストランで子羊肉のソーセージと出会ったことがきっかけとなり研究を開始。世界中からソーセージのレシピを調べて作り、その国に足を運ぶだけでなく、大使館にまで乗り込んで試食してもらい、出来栄えを確かめてもらっているという熱の入れようだ。

そん村上さんがオススメする日本の激ウマソーセージを紹介しながら、詰める袋の種類、味を想像させる断面の美しさ、そして概念さえも覆してしまうという変わり種など、進化の可能性が無限大に広がるソーセージをマツコが味わうことに。また、村上さんが作ったという究極の贅沢ソーセージも登場。その出来栄えに、マツコも驚く。

関連記事(外部サイト)