山田裕貴、女子生徒を狂愛するド変態ストーカー教師役に『ホームルーム』

山田裕貴、女子生徒を狂愛するド変態ストーカー教師役に『ホームルーム』

山田裕貴

山田裕貴が、2020年1月23日からスタートするドラマ特区『ホームルーム』(MBS、毎週木曜24:59〜※関西ローカル)で主演を務めることがわかった。山田は、女子生徒を狂愛するド変態ストーカー教師・愛田凛太郎を演じる。

原作は、講談社のウェブコミック配信サイト「コミックDAYS」で連載が始まってから、圧倒的な売り上げNo.1を誇り、「登場人物がヤバすぎる……」「展開がマジで予測不能!!」と話題沸騰中、多くの電子書店でも総合ランキング1位を獲得した戦慄の学園サイコ・ラブコメ「ホームルーム」。

物語の主人公は、爽やかイケメン教師・愛田凛太郎。学園でも女子生徒からダントツの人気で、「ラブリン」の愛称で親しまれている。そんな愛田先生が担任するクラスでは、生徒の桜井幸子に対して、毎日不快なイタズラが続いていた……。正義感が強い愛田先生は、幸子がイジメられる度に助けに向かい、優しく手を差し伸べる。その姿は、幸子にとってまさに“ヒーロー”! そんな先生に対し、幸子は好意を抱いていた。

しかし、いつだって皆の人気者の愛田先生には、あるとんでもない秘密が……! 実は、幸子をいじめていた犯人は、愛田先生本人だったのだ。幸子が好きすぎるあまり、自分でイジメて自分で救う、自作自演の救出劇を繰り返し、幸子のヒーローを装う愛田先生。歯止めがきかないこの恋は、果たして純愛なのか……!? 

そんな爽やかイケメンで、幸子を狂愛するド変態ストーカー教師・愛田を演じるのは、2011年にテレビドラマ『海賊戦隊ゴーカイジャー』(テレビ朝日系)で俳優デビューし、映画『あの頃、君を追いかけた』や舞台『終わりのない』では主演を務め、映画『HiGH&LOW THE WORST』や、NHK連続テレビ小説『なつぞら』に出演するなど、大ブレイク中の山田。また、2020年1月5日からMBS/TBSドラマイズムにて放送される、最強の世代を決めるアクションドラマ『SEDAI WARS』(MBSでは2020年1月5日より毎週日曜24:50〜/TBSでは2020年1月7日より毎週火曜25:28〜)での主演も決定し、連ドラ初主演にして同時期2作品主演という偉業を成し遂げる。

そして演出は、今年MBS/TBSドラマイズムにて放送したドラマ『スカム』で、第57回ギャラクシー賞上期入賞作品にドラマで唯一の選出が決定、間宮祥太朗を迎えて映画化した衝撃作『全員死刑』や、吉沢亮主演のドラマ『GIVER 復讐の贈与者』などの話題作を次々と生み出している新進気鋭の最注目の小林勇貴監督が務める。

ドラマ特区『ホームルーム』は2020年1月23日(木)(テレビ神奈川23:00〜/MBS24:59〜)より放送スタートし、関東ではチバテレ(1月24日〜)、テレ玉(1月29日〜)での放送も決定している。なお、そのほかヒロイン、追加キャスト、ポスタービジュアル、楽曲情報等続報にも注目だ。

関連記事(外部サイト)