安達祐実、松岡昌宏演じる生前のシ村の妻役で『死役所』出演!育児ノイローゼで宗教に走り…

安達祐実、松岡昌宏演じる生前のシ村の妻役で『死役所』出演!育児ノイローゼで宗教に走り…

シーンカット

安達祐実が、松岡昌宏(TOKIO)の主演ドラマ『死役所』(テレビ東京系、毎週水曜24:12〜)に出演することがわかった。安達は、12月11日放送の第9話と18日放送の最終話に、生前のシ村(松岡)市村正道の妻・市村幸子(ゆきこ)役で出演する。

水曜深夜の新ドラマ枠「ドラマホリック!」の第1弾となる本作は、累計300万部(電子書籍含む)を超える大ベストセラー漫画が原作。あの世の市役所ならぬ「死役所」を舞台に、“生と死”“天国と地獄”といった深いテーマを、魅力ある個性的なキャラクターたちが、時に軽やかに、時に厳かに魅せる人間ドラマ。

主人公であるシ村はあの世の市役所ならぬ「死役所」で働く職員。次から次へと現れる死者に「お客様は仏様です」と慇懃無礼な態度で対応し、ミステリアスで強烈な魅力を持つ闇の深い人物だ。松岡のほかに、黒島結菜、清原翔、松本まりか、余貴美子らが出演する。

12月11日放送の第9話では、シ村との因縁がある宗教法人と若者の姿が描かれる「加護の会」(原作第7巻に収録)を放送。劣等感を抱え、人生悩んでいた若者が、宗教法人「加護の会」と出会い、どのような人生を選び、どうしてシ役所に来ることとなったのか? また、そのエピソードから垣間見えるシ村の衝撃の過去が明かされていく。はたして人間にとっての幸せとは? そんな人生の命題を問いかけるような魂えぐる物語となっている。

宗教法人「加護の会」に入信し、人生の意味を見つけながらも、ひょんなことから命を落とすことになる・寺井修斗役に、多彩な活躍を広げる名バイプレイヤー、柄本時生。医学部に進学、そのことで兄・修斗の劣等感をあおることになる弟・寺井恭平役に濱田龍臣が決定。さらに「加護の会」で柄本演じる修斗の身の回りの世話をすることになる謎めいた美女・井本縁を阿部純子が演じる。

そして、12月18日放送の最終話では、シ役所の良心・イシ間(でんでん)との別れと旅立ちを描いた「お気を付けて」(原作第8巻に収録)と共に、生前のシ村・市村正道と妻・幸子のエピソードも描く。最期の時、イシ間が抱える思いとは? そしてシ村が求めるものとは? シ役所に訪れるお客様だけでなく、シ村をはじめとした職員たちの姿も浮き彫りとなり、「自身に向き合い、納得して次へ進むこと」の大切さと厳しさを教えてくれる物語となっている。

安達は、第9話「加護の会」に続いて登場。演じる幸子は、娘・美幸への子育ての悩みから宗教法人「加護の会」にすがってしまう。また、宗教法人「加護の会」で信者から「お父様」と呼ばれ、生前の市村正道・幸子家族にも大きな影響をもたらすことになる教祖・蓮田栄山を吹越満が演じる。

柄本、濱田、安達、吹越からコメントが到着。以下に、紹介する。

<柄本時生 コメント>
死役所は漫画で読んでいたので出演が決まったときは嬉しかったです。自分の役どころはなかなか難しい所が多かったですがやれてよかったなぁと、あまり触れないような話なので見ていただける方にも何が良くて悪くて幸せで不幸せなのか考えるかなと思うのですが、一番は面白いといっていただければ嬉しいです。

<濱田龍臣 コメント>
お話を頂いた時、柄本時生さんの弟役ということで緊張しましたが、とても優しい方で、現場でも楽しく演技ができました。僕が演じさせて頂いた恭平は、医大に合格した優秀な弟の役で、そんな弟とは反対にあまり前向きになれない兄の修斗。対照的な兄弟のやりとりにも注目して頂ければと思います。修斗はどうなってしまうのか……そして、僕は第9話までの出演ですが、ストーリー全体がどのように最終話へ展開していくのか、是非楽しみにして頂きたいです!

<安達祐実 コメント>
松岡さんとの共演は今年2度目でしたが、今回ご一緒させて頂き、幅の広さに改めて感動しました。この作品で私は、シ村さんの妻を演じています。不思議な雰囲気を持っていて、でも、とても魅力的な女性です。子育てに悩む中で、常に家庭には死というものが付き纏うようになっていくのです。命あるものには終わりがある。死にゆく者も、その周りの者も、どう生きてどう死と向き合うのか。その壮絶さと物悲しさに触れた作品でした。

<吹越満 コメント>
ボクがやらせて頂いた役は、怪しい宗教の怪しい教祖様でした。まぁ、もともとボク自身が怪しいヤツなんで、特にこれと言った役作りをせず臨んでしまいました。もし、あまりうまく出来てなかったりしたならば、「怪しさ」の種類をもっと研究するべきだったと反省をしたり、「ん? 俺は自分で思ってるほど怪しくないのか?」と少し安心したりするかもしれません。実はボクの実年齢に近くない役で、80歳くらいと30歳くらいの時代だったかな。老けなきゃと若返らなきゃです。そこは楽しかった。カツラや特殊なメイクは使わずに挑戦させて頂きました。どーみえるかなぁ。少しでも説得力のある「若返り」と「老け」になっていれば嬉しいです。

関連記事(外部サイト)