猫を抱く高橋克典、ある事件にかかわっている疑惑が浮上…『カクホの女2』

猫を抱く高橋克典、ある事件にかかわっている疑惑が浮上…『カクホの女2』

高橋克典

名取裕子と麻生祐未がタッグを組むドラマ『特命刑事カクホの女2』(テレビ東京系、毎週金曜20:00〜)の第6話が11月29日に放送される。今回は、北条百合子(名取)が2年前に取り逃がした元・警視庁の警務部・参事で、殺人指名手配犯の如月光太郎(高橋克典)が背後にいるのではないかという疑惑が浮上。百合子はある行動に出る!

2018年1月クールに放送されて好評を博した『特命刑事カクホの女』が第2シーズンに突入。警視庁入庁以来、人事一筋で捜査は素人だがその洞察力で事件を紐解く警察官・百合子(名取)と、ノンキャリアではあるが県警一の捜査実績を残している現場叩き上げのクールな刑事・三浦亜亜矢(麻生)の活躍を描く。今作では、主演を務める名取や麻生の他に、新レギュラーキャストとして、加藤雅也、大東駿介、長谷川初範、正名僕蔵、小野塚勇人ら豪華メンバーの出演が発表されている。

<第6話あらすじ>
百合子(名取)が、神奈川県警横浜臨海署鑑識課の竹宮圭介(加藤)を逮捕し、亜矢(麻生)の容疑は晴れ釈放された。百合子は事件の背後に如月(高橋)がいると睨み、竹宮にあるとんでもない取引を持ちかける。

さらに横浜臨海署の管轄内では、突然胃が爆発するという連続不審死事件が起きていた。死亡した被害者たちは全員、警察に留置された人間ばかりであることから、警察内部の人間が関わっているのではと推理するが……。

関連記事(外部サイト)