木村拓哉、玉森裕太、及川光博ら、ぞれぞれの事情を抱え運命の時を待つ『グランメゾン東京』第7話

木村拓哉、玉森裕太、及川光博ら、ぞれぞれの事情を抱え運命の時を待つ『グランメゾン東京』第7話

及川光博、木村拓哉、鈴木京香、沢村一樹

木村拓哉が主演を務める日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系、毎週日曜21:00〜)の第7話が、12月1日に放送される。

本作は、木村演じる型破りなフランス料理シェフ・尾花夏樹が、もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。木村のほかに、鈴木京香、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹らが出演している。

<第7話あらすじ>
ついに幕を開けたトップレストラン50の発表セレモニー。相沢(及川)は並々ならぬ覚悟で迎えていた。というのも、発表の一週間前に、失踪していた妻・エリーゼ(太田緑ロランス)が突然「グランメゾン東京」を訪れ、娘のアメリー(マノン)をパリに連れて帰ると言い出したのだ。

アメリーを引き止める条件は、「グランメゾン東京」がトップ10を超えること。一方、尾花(木村)も気合が入っていた。なぜなら、10位はかつてエスコフィユが獲得した最高ランクだったからだ。

そんな中、尾花は、相沢のためにあることを思いつく。そして、「グランメゾン東京」のライバル店「gaku」の丹後(尾上)と祥平(玉森)も日本のレストランのなかでトップを取るために、力を尽くしていた。

こうして、それぞれの料理人が思いを込めて挑んだ戦いにいよいよ決着の瞬間が到来。壇上のリンダ(冨永愛)によって次々と読み上げられていくランキング。果たして「グランメゾン東京」の順位は!? 各々がこれまでの自分の生き方を振り返り、発表の時を迎える!

関連記事(外部サイト)