福士蒼汰演じるみことの特殊能力に異変!?『4分間のマリーゴールド』第9話

福士蒼汰演じるみことの特殊能力に異変!?『4分間のマリーゴールド』第9話

福士蒼汰、川口和空、菜々緒

福士蒼汰が主演、菜々緒がヒロインを務めるドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系、毎週金曜22:00〜)の第9話が、12月6日に放送される。

本作は、「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)に連載されたキリエの同名コミックを原作に、人の「死の運命」が視えてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みこと(福士)と、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅(菜々緒)との禁断の恋を描く、切ないラブストーリー。そんな2人と一つ屋根の下で暮らす花巻家の兄弟役として、家族思いの元ヤン熱血長男・廉を桐谷健太が、料理上手な末っ子・藍を横浜流星が演じる。

<第9話あらすじ>
沙羅(菜々緒)の中学の同級生で小学校教師の滝沢(市川知宏)から頼まれ、みこと(福士)ら消防署の面々は、小学生に救急救命の講習会を行う。そこでみことと沙羅は、周囲から孤立する生徒・直哉(川口和空)のことが気にかかる。

一方、調理師専門学校の面接試験を終えた藍(横浜)は、沙羅に諭され、高校卒業後離れ離れになる琴(鈴木ゆうか)に告白する。また、廉(桐谷)も千冬(磯山さやか)に改めて会いに行くと宣言する。みことと沙羅は、花巻家みんながいい方へ向かっている様子を喜ぶ。

そんな中、滝沢が勤める小学校から救急要請が入る。現場に急行したみことらは、階段から落ちて怪我をした直哉の処置に当たるが、通報した滝沢が意識を失い倒れる。滝沢は階段から足を踏み外した直哉をかばい、頭を強打したという。

意識が戻るかわからない滝沢を前に自分を責める直哉。みことは、 滝沢に対する直哉の思いを知り、思わず滝沢と手を合わせるが、何もビジョンが視えず驚愕する。沙羅の運命の日が迫る中で、突然消えたみことの能力。それは、一体何を意味しているのか? 運命を変えられることの予兆なのか、それとも――!?

関連記事(外部サイト)