新木優子演じるユリカに新たなライバル!?究極の匂わせ女子登場『モトカレマニア』第8話

新木優子演じるユリカに新たなライバル!?究極の匂わせ女子登場『モトカレマニア』第8話

左から山口紗弥加、新木優子、田中みな実

新木優子と高良健吾がW主演を務める木曜劇場『モトカレマニア』(フジテレビ系、毎週木曜22:00〜)の第8話が、12月5日に放送される。ユリカ(新木)はマコチ(高良)から告白され、もう一度付き合うことに。皆から祝福され幸せいっぱいのユリカの前に、新たなライバルが出現!?

本ドラマは、現在「Kiss」(講談社)にて連載中の瀧波ユカリの同名コミックを原作に、元カレ・斉藤真(通称:マコチ/高良)を引きずるあまり、“モトカレマニア”になってしまったぶっ飛びOLの難波ユリカ(新木)の混乱と暴走と試行錯誤を描くラブコメディ。

<第8話あらすじ>
マコチ(高良)は、ユリカ(新木)に「ふたりのこれからのことを真剣に考えよう」と言ったものの、自分に自信がないこともあって不安を隠せないでいた。ユリカは、このチャンスを逃せばマコチを失うことになると考え、勝負をかけようとする。そして、ユリカは、ふたりで一緒に住むための部屋探しを始めるが……。

そのころマコチは、別れた夫と住んでいた家を売りたいという草木染め作家・桃香(矢田亜希子)を担当していた。大沢(森田甘路)は、もともと桃香がユリカを指名していた経緯もあることから、公私混同を避ける意味で、マコチと交際していることは伏せておくようユリカたちに指示する。

そんな折、ユリカは、さくら(山口紗弥加)のマンションで山下(浜野謙太)と別れたばかりのむぎ(田中みな実)に会う。間もなく北海道に帰るというむぎは、山下のことが好きだから自分の生き方で彼の人生を縛りたくない、と笑顔を見せると、さくらと和真(淵上泰史)の話を持ち出す。「ふたりの関係は恋ではなくうまくいかなかった過去への執着に見える」とさくらに告げるむぎ。その言葉を聞いたユリカはなぜか不安を覚え……。

関連記事(外部サイト)