松村北斗、向井理主演『10の秘密』で謎の音大生役!SixTONESデビューと「関連性が強いのでうれしい」

松村北斗、向井理主演『10の秘密』で謎の音大生役!SixTONESデビューと「関連性が強いのでうれしい」

松村北斗

来年、CDデビューが決まっているSixTONESの松村北斗が、向井理主演の『10の秘密』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00〜、2020年1月14日スタート)に、ドラマの鍵を握るピアニスト役で出演することが明らかになった。

本作は、向井演じる主人公・白河圭太の愛する娘が何者かに誘拐されることに端を発し、圭太と関わるさまざまな登場人物たちの計り知れない秘密が絡み合い、次々に事件が巻き起こるオリジナル脚本の本格サスペンス。仲間由紀恵、仲里依紗、渡部篤郎らも出演する。

松村が演じるのは、圭太が誘拐された娘・瞳(山田杏奈)を探す中で、瞳と何らかの関わりがあることが発覚する謎の音大生・伊達翼。翼は瞳の気持ちを理解する兄のような存在で、ジャズバーでピアノを演奏するアルバイトをして生計をたてている。他の登場人物同様、翼も誰にも明かせない“秘密”を抱えており、ドラマの鍵となる人物だ。

松村は、2012年『私立バカレア高校』(日本テレビ)で俳優デビュー。その後も、ドラマや映画などで活躍の幅を広げ、4月クールの『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系)では、病気で左足が義足となった青年を演じるなど難しい役柄にも挑戦し、役者としての知名度も浮上。また、SixTONESとしては、10月から全国14か所をまわるホールツアー「Rough“xxxxxx”」に挑むなど精力的に活動しており、2020年1月22日(水)には、X JAPANのYOSHIKIが作詞と作曲を務めた「Imitation Rain」でCDデビューも決まっている。

松村は演じる翼が音大生ということで、忙しいスケジュールの合間を縫ってピアノの練習を敢行。「ピアノ自体は、以前から興味があったので、触れるタイミングがあればとは思っていたので、すごく良い機会でした」とコメント。SixTONESがまもなくCDデビューすることもあり、「音楽関係の役柄をできるというのは、特に関連性が強いのですごくうれしいです」と喜んでいる様子。

“秘密”がテーマであるこのオリジナルストーリーについては、「謎の多さに驚きました」と話し、「予想できそうなこともありますが、逆に最初の段階で予想できるってことはひっくり返るだろうなとか、先のストーリーを想像したりして、僕自身も謎解き状態です」と心境を告白。また、監督から打ち合わせ中、まだ台本にはない翼の一面を楽しみにしておいてと声をかけられたことも明かし、「早く先のストーリーを知りたいという状況でかなりワクワクしています」と期待。

今回、原作がないオリジナルストーリーということで「誰も知らない物語だからこそ見てほしい部分があります。おもしろいし、なるほどと台本を読んで自分自身も思ったので、皆さんぜひ、見てください!」とアピールしている。

松村と『パーフェクトワールド』に引き続きタッグを組む河西秀幸プロデューサーは、『パーフェクトワールド』での松村を「制作の予想をはるかに超えるお芝居で魅了してくれ、俳優・松村北斗のポテンシャルの高さを感じました」と振り返り、「今回は、なかなか本性をあらわにしない秘密に包まれた役。松村さんにより大きな役、かつ難役にトライして頂きたく、期待を込めてオファーさせて頂きました。彼の秘密とは一体何なのか、想像力を働かせながらご覧ください!」とコメントを寄せている。

関連記事(外部サイト)