真矢ミキが語る情報番組MCと女優の意外な共通点とは?『サワコの朝』

真矢ミキが語る情報番組MCと女優の意外な共通点とは?『サワコの朝』

真矢ミキ

真矢ミキが、12月7日に放送される阿川佐和子のトーク番組『サワコの朝』(MBS・TBS系、毎週土曜7:30〜)に出演する。

今年9月まで、朝の情報番組『ビビット』のMCを4年半務めた真矢。国分太一との息の合った進行が人気を博し、放送期間中に高卒認定試験に挑戦したことでも話題になった。

一方で宝塚出身の真矢といえば、その凛とした佇まいでキャリアウーマン役を数多く演じ「理想の女性上司」ランキングでは、常に上位に選ばれるなど、女優としての確固たる地位を築いている。

そんな真矢が、朝の生放送番組の司会を引き受けたのは、51歳の時。放送初日には、朝3時半にテレビ局に入り、本番前に思わず眠くなってしまったこともあったそう。「やってみたら結局人の人生を見て、自分は何を思うのかが役作りに似ている。遠回りと思っていたことが一番勉強になる」と、朝の生放送を卒業して2か月が経った今、情報番組のMCと女優の意外な共通点について語る。

さらに、53歳の時には、自らの意思で「高等学校卒業程度認定試験」に挑戦。仕事の合間を縫って塾で1日5時間の集中講義を受けるなどの猛勉強に励み、試験当日は、緊張で手が震えたという。8か月に及ぶ受験勉強の末、見事合格した彼女が今思うこととは? 新たな世界に挑み続ける真矢の強い思いにサワコが迫る。

関連記事(外部サイト)