ディーン演じる獅子雄、誘拐事件に挑む!若宮との関係に変化も『シャーロック』第10話

ディーン演じる獅子雄、誘拐事件に挑む!若宮との関係に変化も『シャーロック』第10話

第10話シーンカット

ディーン・フジオカが主演を務める月9ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系、毎週月曜21:00〜)の第10話が、12月9日に放送。大鶴義丹と浦上晟周が親子役でゲスト出演する。

同ドラマは、アーサー・コナン・ドイルによる世界一有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」を原作としたミステリーエンターテインメント。原作の魅力はそのままに、舞台を“令和の東京”に移し、“シャーロック・ホームズ”にあたる獅子雄(ディーン)と、“ジョン・ワトソン”にあたる若宮潤一(岩田剛典/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が難事件に挑む姿を描く。ディーンと岩田のほか、佐々木蔵之介、山田真歩、ゆうたろうが出演している。

今回、大鶴が演じるのは、東京都知事・鵜飼昇平(うかい・しょうへい)。鵜飼は週刊誌で女性との不倫疑惑を報じられ、最近ではめっきり支持率が落ちている。3か月後の都知事選も再選できるか微妙だ。しまいには25年前の不倫騒動まで持ち出されている始末。そんな矢先、浦上演じる息子の椋介(りょうすけ)が何者かに誘拐され、1億円が要求される。

椋介は、名門私立高校のバスケットボール部に所属する2年生。成績優秀、部内では比較的低めの身長を活かしポイントガードとして活躍、キャプテンも務める将来有望な選手だ。しかし、ある日突然何者かに誘拐され姿を消してしまう。そして、聞き込みのために高校を訪れた獅子雄たちは、バスケットボール部のコーチ・灰田聡(はいださとし/増田修一朗)の椋介への指導が行き過ぎていたのでは? と疑念を抱く。

はたして椋介はどこに連れ去られたのか? 獅子雄はこの誘拐事件をどのように謎解いていくのか? そして、獅子雄と若宮の関係にもある変化が……。

<第10話あらすじ>
江藤礼二(佐々木)が誉獅子雄(ディーン)に、いつも以上に頭を下げて事件解明を頼み込んでいる。若宮潤一(岩田)が、誘拐事件は無理だと言うと、江藤は誘拐されたのが鵜飼昇平都知事(大鶴)の息子・椋介(浦上)だと明かす。鵜飼のもとには息子を預ったという脅迫メールが届いていた。さらに江藤が頼んでいると、獅子雄が珍しく「報酬を取る」と言って引き受けた。不思議に思う若宮。すると、獅子雄は世話になった若宮に金を払うと意味深な言葉を告げる。

獅子雄、若宮、江藤、木暮クミコ(山田)は椋介が通う高校の寮へと向かう。鵜飼の第二秘書、津崎洋平(松島庄汰)の案内で椋介の部屋へ向かうと、そこには、同部屋で椋介と同じバスケットボール部の竹内(佐久間悠)がいた。竹内は、昨夜23時ごろまで椋介は部屋にいたが、その後は自分も寝てしまったと証言している。その後に椋介がいなくなったのだが、竹内は「室内で誰かと争うような物音は聞いていない」と言う。江藤と若宮は、椋介と犯人が知り合いか、椋介自身が自ら出て行ったと推測。だが、獅子雄は裏口には誰も通った形跡がないことを確認していた。事務室で正門の防犯カメラを確認すると、椋介が出て行く姿が映っていた。

次に獅子雄たちはバスケットボール部のコーチ、灰田聡(増田)に話を聞きに行く。生徒への指導を見ていた若宮は、灰田に関してある疑念を抱き……。

関連記事(外部サイト)