北村匠海・井上芳雄ら豪華俳優陣の出演が決定『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』

北村匠海・井上芳雄ら豪華俳優陣の出演が決定『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』

左から、井上芳雄、尾上松也、緒形直人、吉沢悠、北村匠海

2020年1月3日(金)に放送される、吉沢亮主演のスペシャルドラマ『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』(TBS系、23:15〜)に、吉沢悠、井上芳雄、北村匠海、尾上松也、緒形直人ら豪華俳優陣の出演が決定した。

前作に続き、池井戸潤原作「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」(ダイヤモンド社/文春文庫)の映像化に挑む4月期の日曜劇場『半沢直樹』(仮)。その物語の舞台である「東京セントラル証券」と大きく関わるIT企業「スパイラル」を中心に今回のスペシャルドラマは展開する。

銀行内で行われていた数々の不正を幾度となく暴き、痛快な逆転劇を見せた半沢直樹(堺雅人)。しかし前作の最終回では、頭取からまさかの子会社への出向を命じられてしまった。本作が描くのは、半沢がその子会社「東京セントラル証券」に赴任した後に起きたある事件。新興のIT企業である「スパイラル」は、半沢が「東京セントラル証券」が創業以来使用してきた金融セキュリティシステムをリニューアルする為、コンペで声をかけられた企業の1つ。プロジェクトを勝ち取れば数百億の売り上げに繋がる、「スパイラル」にとっては社運を賭けた一大プロジェクトが進行する中で、人知れずある陰謀が動いていた。

吉沢亮が演じるのは、プログラマーの高坂圭(こうさか・けい)。かつてある事件に関わったことで行き場を失っていたが、その才能を買われ「スパイラル」の社員として働いている“敏腕プログラマー”という役どころ。また、半沢の出向先の新入社員・浜村瞳(はまむら・ひとみ)を今田美桜が演じる。

そしてこの度出演が決まった、吉沢悠が演じるのは、高坂が働くIT企業「スパイラル」開発部のリーダー格・若本健人(わかもと・けんと)。続いて、井上は、「スパイラル」の専務・加納一成(かのう・かずなり)役、北村は、高坂と過去に因縁のある謎の人物・黒木亮介(くろき・りょうすけ)役、尾上は「スパイラル」の社長・瀬名洋介(せな・ようすけ)役、そして、緒形は「東京セントラル証券」情報システム部の主任・城崎勝也(しろさき・かつや)役で出演。また、加納と瀬名は、4月に放送を控えた続編の原作にも登場する人物で、シリーズの展開においても重要な鍵を握る人物となる。

そのほかにも、瞳の上司で「東京セントラル証券」情報システム部の部長・府川義則(ふかわ・よしのり)役で元「劇団四季」の栗原英雄、さらに玉置玲央、磯崎義知、吹越ともみなど個性派俳優陣の出演も決定している。

<吉沢悠 コメント>
日曜劇場『半沢直樹』から数年を経て、2020年、新たな半沢イヤー記念に相応しい内容のスペシャルドラマに出演させていただき、とてもうれしく思っています。僕がこの作品にとても感動しているのは、撮影現場の空気自体がドラマの空気感同様、緊張感と高い熱量に包まれていることです。「半沢ファン」の期待に応えつつ、エピソードゼロの独特な違った世界観を生み出そうと、全員が必ず最高のドラマにしようという気持ちの表れではと思います。「こんな半沢があっても面白い!」というスペシャルドラマになっていますので、どうぞご覧ください!!

<井上芳雄 コメント>
『半沢直樹』のスペシャルドラマにお声掛けいただき、大変興奮しました。普段は舞台が多く、ドラマ出演が多い訳ではない中で、本当にありがたい機会だと思っています。私が演じるのはIT企業の専務という役柄ですが、僕自身はアナログな人間なので分からないことも多いです(笑)。今の時代らしい最先端の業界の話で、新鮮な気持ちで演じられたらと思っています。また、吉沢亮さんとは初共演となるので、そこも楽しみにしています。『半沢直樹』らしい痛快な展開が紡がれていますし、新年から「今年も頑張るぞ」という気持ちになれる作品になっていると思いますので、是非ご覧ください!

<北村匠海 コメント>
『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』に出演させていただくことになりました北村匠海です。今回、自分としてもなかなか今までに演じたことのない役どころですし、約1年ぶりにTBSさんのドラマに帰ってこられたうれしさもあります。別作品でも撮影の苦楽を共にした吉沢亮くんの脇を支えるいいエッセンスになれればいいなと思います。

<尾上松也 コメント>
このたび『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』に、出演させていただくことになりました。あの伝説のドラマのスピンオフ作品に出演できますことは光栄の極みです。私は今回主人公の高坂圭が勤めているスパイラルの社長・瀬名洋介を演じます。本編にも負けない作品にできますよう、全力でつとめます! どうぞお楽しみに!

<緒形直人 コメント>
只今、熱いスタッフと俳優たちに囲まれ“ONE TEAM”の意気込みで、鋭意撮影を行なっております。私自身は、皆様に楽しんでいただけるように良い緊張感を持って丁寧に演じていければ良いなと思っております。半沢直樹イヤーの先陣として、どんなドラマに仕上がるのか『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』をご期待ください。

関連記事(外部サイト)