アンタッチャブル山崎弘也がドローンを購入!?操縦の腕前は?『教えてもらう前と後』

アンタッチャブル山崎弘也がドローンを購入!?操縦の腕前は?『教えてもらう前と後』

記事画像

12月10日の『教えてもらう前と後』(MBS・TBS系、毎週火曜20:00〜)は、「最強うどんチェーン店・丸亀製麺の人気を探る」「理科が得意な子はお金持ちになれる!?驚きの授業にミキが潜入」「 素人でもすぐに飛ばせる?進化したドローンをザキヤマが検証する〜」の3本が放送される。

滝川クリステルがメインMCを務める同番組は、毎週、特定のジャンルのスペシャリストが登場し、独自の視点で選んだ“決定的瞬間”を紹介しながら解説をし、“知のビフォーアフター”を体感するバラエティ。

まず、うどん業界で売上ナンバーワンを誇る「丸亀製麺」に注目。国内で830店舗を展開しているほか、海外にも232店舗を出店(12月3日現在)。そんな最強うどんチェーンに成長した丸亀製麺の人気の秘密を、売り上げランキングを見ながら紐解いていく。なんと、第1位の「かけうどん」の出汁は、サーバーでかけ放題。その出汁を利用して、通の間で大人気のメニュー2品を紹介する。スタジオで試食した博多華丸が進行を忘れるほど食べるのに夢中になったそのメニューは必見だ。

また、日本一の店舗数を誇る丸亀製麺でも勝てないという、博多で大人気の「牧のうどん」も紹介。創業43年になる「牧のうどん」の、40分茹でるという「バリやわ麺」と出汁の秘密に迫る。

続いて、ミキの2人が東京大田区立清水窪小学校を訪問。ここは、日本で初めて理科に特化した「サイエンスコミュニケーション科」に力を入れているという。通常3年生で始める理科を1年生から進めることで、教科書よりも深い知識が学べて自ら研究したいという意欲が湧き、深く考える能力が養われるようになるという。その授業内容が注目を浴び、入学希望者が増えて学区外からも通う子供も多いそう。いったいどんな授業が行われているのか?

このほか、ドローンを買いたいという山崎弘也(アンタッチャブル)が登場。かつては操作が難しいと思われており、機械に強い人しか持っていなかったイメージの「ドローン」が大進化を遂げている。スマホがあれば誰でも簡単に操作できて、台風の時に屋根の瓦の状態を確認するなど、撮影以外の用途にも大活躍するという。

山崎は、ドローンのスペシャリストと一緒に量販店へ。1万円で買える軽量化されたスマホサイズのドローンの中でも、自動的に空中で静止して初心者でも映像がブレにくくなる「ホバリング機能」が搭載されたものがオススメだとか。ドローンのルールを教えてもらった山崎が、早速ドローンを飛ばすことに!

関連記事(外部サイト)