GENERATIONS小森隼『モトカレマニア』で連ドラ初出演!関口メンディーに「側にいてくれた」と感謝

GENERATIONS小森隼『モトカレマニア』で連ドラ初出演!関口メンディーに「側にいてくれた」と感謝

関口メンディー、小森隼

GENERATIONS from EXILE TRIBE・小森隼が、12月12日に放送される木曜劇場『モトカレマニア』(フジテレビ系、毎週木曜22:00〜)の最終話にゲスト出演。小森が連続ドラマに出演するのはキャリア初となる。

新木優子と高良健吾がW主演を務める同ドラマは、現在「Kiss」(講談社)にて連載中の瀧波ユカリの同名コミックを原作に、元カレ・斉藤真(通称:マコチ/高良)を引きずるあまり、“モトカレマニア”になってしまったぶっ飛びOLの難波ユリカ(新木)の混乱と暴走と試行錯誤を描くラブコメディ。

新木、高良をはじめ、浜野謙太、田中みな実、よしこ(ガンバレルーヤ)、森田甘路、関口メンディー(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)、趣里、小手伸也、山口紗弥加らがレギュラー出演している。

小森が今回演じるのは、SNSで演技が話題になっているよしこが演じる周防ひろ美の旦那役。“『モトカレマニア』好き”と公言する小森が、収録を終えた思いを明かした。

<小森隼 コメント>
――かなりの『モトカレマニア』と伺いましたが、出演が決まっていかがでしたか?

このようにコメントするなんてことは夢にも思っていませんでしたので、言葉にすると恥ずかしいのですが、Twitter上で自分のことを“MKMM”と言っているくらい、僕、“モトカレマニア”マニアなんです(笑)。

年末ということもあり、初めはドッキリかと思いました。僕がかなり楽しんで毎週見ていることをマネージャーさんは知っていたので、僕のマニア具合を見てドッキリという形で“モトカレマニア”に携わらせてくれるのだとワクワクしてました。

ですが、話を聞いていくうちにそんな生半可な話ではないことが判明していき、ひろ美の旦那役(克也)を頂いたことを聞いてとてもビックリしましたし、僕はリアルタイム視聴者だったので、急に不安な気持ちと、すごくうれしい気持ちと、ワクワクと、かなり複雑な気持ちに陥りました(笑)。

――テレビで見られていた『モトカレマニア』に出演されていかがでしたか?

撮影現場に最初に入ったのはチロリアン不動産に来店したシーンだったのですが、テレビで何気なくみていた光景がその場に現れた時って、あんなにも心が躍るんですね(笑)。小学生の時の社会科見学の時のようにワクワクしていました。

ですが、いざ撮影が始まって、目の前にいるチロリアン不動産の社員の皆様を見た時に、自分も作品の中の1人なんだとものすごく実感が湧いてきて、とても緊張したのですが、自分の思う克也を心から楽しみつつ、全力で演じさせて頂きました! テレビの画面を通して、ひろ美と克也のツーショットを早く見たいです!

――メンバーのメンディーさんから何かアドバイスはありましたか?

僕はかなりのあがり症なので、このお話を頂いた時にすごく緊張していたのですが、メンディーさんからは「心配することは何一つないよ」と、言ってもらいました!

新木優子さんはじめ、高良健吾さん、出演者の皆さんは本当に優しい方ばかりで、現場のスタッフさんも気さくで本当にいい現場だよ!だから緊張せずに楽しんで!」と言ってくれ、現場ではずっと側にいてくれました(笑)。メンディーさんのことを、あんなにも頼もしいと思ったのは3年ぶりくらいです(笑)。

――番組を楽しみにしている視聴者へのメッセージをお願いいたします。

メンディーさんのアドバイスを聞いた時に内心は、「メンディーさんは初回からずっと一緒で、3か月も撮影を共にしてるんだからそうやって言えるんだよ!」と思っていましたが、現場に初めて行かせて頂いた時に、新木優子さんからは、「Twitter見てます! ありがとうございます!」と声をかけていただき、高良健吾さんにはお会いした瞬間に、握手をしてくださって「ありがとう!」と言ってくれたり、僕の妻役のよしこさんはミカンをくれたり(笑)。

スタッフの皆さんは、緊張している僕に話しかけて下さったり、『モトカレマニア』の現場は本当に素敵な現場だなと思いました! だからこそ、モトカレマニアをみていて心が躍るし、来週も楽しみだな! と思うんだなぁと、現場でより一層感じました。

そんなステキな人たちに囲まれながら演じた克也が、見てくださる皆さんの『モトカレマニア』の心の1ページに残ることを楽しみにしていますので、皆さん最終回をぜひ楽しんでください!

本当に喋りたいことが多過ぎて言葉にしきれないのですが……、最後に……、全国の丸の内さくら先生ファンの皆さん。先生の輝きの笑顔は、生で見たら耐えられません。そして、“がんそば”! 手にとって写真を撮らせて頂きました。視聴者の皆さん、職権濫用、申し訳ありません!

<最終話あらすじ>
マコチ(高良)と桃香(矢田亜希子)の関係を疑ってしまったユリカ(新木)は、彼に対する気持ちがわからなくなっていた。事情を知った山下(浜野)は、マコチと向き合えないことを悩むのは、向き合おうと思っているからだ、とユリカを励ます。

同じ頃、さくら(山口)は、元カレの和真(淵上泰史)から、「絶対幸せにするから待っていてほしい」と、言われる。それに対してさくらは、一人で考えたいと返す。

さくらは、アパートに帰ることができずに訪ねてきたユリカに、和真のことを告白。さくらは、「家族を捨てるような人は好きじゃないのに、揺れている自分が面倒くさい」とユリカに告げる。

あくる日、桃香の家を訪れたマコチは、自分で染めた草木染めをユリカにプレゼントするサプライズに失敗したことを話す。その話を聞いた桃香は、マコチの恋人がユリカだと気づき、誤解を解くためにチロリアン不動産を訪ねる。

その夜、さくらのマンションに、いきなり白井(関口)が訪ねてくる。冷え性のさくらのためにプロテインを差し入れた白井は、さくらの人気シリーズ「がんそば」を読み始める。それがさくらの実体験だと知った白井は……。

そんな中、ユリカは、桃香と会ったことをマコチに伝える。「全部俺が悪い」と謝り、二人で住む部屋の契約に行こうと誘うマコチ。しかしユリカは、一度距離を置きたいと言い出し……。

関連記事(外部サイト)