北大路欣也、初のかき上げヘアに!松下奈緒主演『アライブ』に高畑淳子、三浦翔平ら出演

北大路欣也、初のかき上げヘアに!松下奈緒主演『アライブ』に高畑淳子、三浦翔平ら出演

三浦翔平、高畑淳子、北大路欣也、田辺誠一、中村俊介

松下奈緒が主演を務め、木村佳乃が共演する、2020年1月9日スタートの木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00〜)に、北大路欣也、高畑淳子、田辺誠一、三浦翔平、中村俊介ら超豪華キャスト陣の出演が決定した。

本作は、松下演じる腫瘍内科医・恩田心と、木村演じる消化器外科医・梶山薫の2人を中心に、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿を描くメディカルヒューマンドラマ。“がん診療のスペシャリスト”である腫瘍内科医の心は、腫瘍内科の英訳がメディカル・オンコロジーであることから、院内では「オンコロ先生」と呼ばれていた。心は、患者にとってベストながんの治療法を常に模索。化学療法を中心とした診療により、がんと向き合っていく。

プライベートでは、学生時代に知り合った匠と結婚し、一人息子をもうけた心だったが、3か月前に匠が転倒事故に遭遇。緊急手術を受けるも意識が戻らないままでいた。気丈に振る舞っているが、いまだに現実を受け止め切れていない心の前に、消化器外科医の薫が現れる。心の勤める病院に転籍してきた薫は、腫瘍内科の必要性を理解してくれる外科医として、そして、大切な友人として心の支えになる。しかし、薫には心にも明かせない、ある秘密があり……。

北大路が演じるのは、心の義父・恩田京太郎。京太郎はTVドラマにおいて数々のヒット作を手がけてきたベテラン脚本家。おおらかで茶目っ気のある人物。心の夫である匠がまだ幼い頃に妻を亡くし、男手一つで匠を育ててきた。そのためか、匠に家事を任せてきた心よりも、料理も裁縫も得意で、恩田家にちょくちょく顔を出しては夕食を作ったり、目に入れても痛くない孫と遊んだり、匠が入院中で不在の恩田家を少しでも助けようとしている。同時に、匠の今後に関しては心よりも割り切っているようなそぶりも見せるという役どころとなる。役作りにおいても文筆家風に、自身としては髪型を初のかき上げヘアにするという。

高畑が演じるのは、心が勤務する横浜みなと総合病院の患者・高坂民代。高坂は全身がんの患者。がんの再発と転移を繰り返し、心が一貫して担当医として向き合っている。長年病院に通っているためか、院内の名物患者でもあり、情報通。自身の病状に対して、どこか達観をしており、独自の生死感を持っている。

そして田辺は、薫が横浜みなと総合病院に赴任してくる前に勤めていた関東医科大学付属病院の消化器外科副科長・須藤進を、三浦は3話から登場し、本作のストーリーに大きな影響を与える謎の男・関河隆一を、中村は心の夫・匠をそれぞれ演じる。

関連記事(外部サイト)