木南晴夏、岩田剛典演じる傷心の若宮に近づき…『シャーロック特別編』ゲスト出演

木南晴夏、岩田剛典演じる傷心の若宮に近づき…『シャーロック特別編』ゲスト出演

木南晴夏がゲスト出演

12月23日(月)21時から、ディーン・フジオカ主演『シャーロック特別編』(フジテレビ系)の放送が決定! 木南晴夏がゲスト出演することもわかった。木南は、誉獅子雄(ディーン)を失って傷心の若宮潤一(岩田剛典/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)に近づくジャーナリスト門司かれん(もんじ・かれん)役を演じる。

同ドラマは、アーサー・コナン・ドイルによる世界一有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」を原作としたミステリーエンターテインメント。原作の魅力はそのままに、舞台を“令和の東京”に移し、“シャーロック・ホームズ”にあたる獅子雄と、“ジョン・ワトソン”にあたる若宮が難事件に挑む姿を描いてきた。

16日(月)放送の最終回のラストシーンで、獅子雄はついに宿敵・守谷壬三(もりや・じんぞう/大西信満)と対峙する。しかし獅子雄は、若宮や江藤礼二(えとう・れいじ/佐々木蔵之介)の目の前で守谷と共に海中に沈んでしまうのだった。

突然、獅子雄がいなくなったことを受け入れられない若宮は、連日警察の捜索に立ち会う。しかし、いまだ遺体も上がらず、手がかりすらも見つからない。そんな若宮の元に、かれんが現れる。かれんは、獅子雄の功績を後世に残すために、獅子雄について若宮に話を聞きたいのだと言う。そして、まだ心の整理がついていない若宮に、獅子雄に関わった人たちを一緒に取材しないかと提案する。かれんは獅子雄と過去にどんな関係だったのだろうか? はたして、かれんの本当の目的は何なのか?

さらに特別編では、かれんと若宮の取材により、今まで獅子雄に裁かれて、獅子雄のことを恨んでいるであろうと思われる犯罪者たちと、獅子雄に助けられ、前向きに新たな道を歩んでいる人たちも登場、これまでの各話ゲストたちのうち、総勢16名のその後も新たに描かれる。

元警視庁職員で再び拘留された、市川利枝子(いちかわ・りえこ/伊藤歩)をはじめ、夫を自殺に追いやった赤羽汀子(あかばね・ていこ/松本まりか)、嫉妬から殺人を行った元ボクサー・石橋卓也(いしばし・たくや/金子ノブアキ)、職場の上司のパワハラで息子を失った乾千沙子(いぬい・ちさこ/若村麻由美)、乾貴久(いぬい・たかひさ/小市慢太郎)たちだ。そして若宮も取材のために、再び河本美沙(こうもと・みさ/岸井ゆきの)とデートをすることに……。また、幼い頃の獅子雄にうり二つの賢い少年、羽佐間虎夫(はざま・とらお/山城琉飛)も登場する。それぞれがその後、獅子雄に対してどのような思いをもち、どのような生活を送っているのか。こちらも興味深いところだ。

各話の豪華なキャストも再集結する特別編。はたして、若宮は獅子雄への気持ちに区切りをつけることができるのか? そしてどのような結末が待っているのか?

今回の発表を受け、ゲスト出演する木南からコメントが到着。以下に紹介する。

<木南晴夏コメント>
――今回のお話がきたときの感想

“特別編のみ”の出演は珍しいと思いますし、もちろんはじめてのことなので、この作品の世界観にうまくなじめるかな、と思いました。

――台本を読んでの感想

今まで登場したクセの強い犯人たちと対峙する役なので、演じるのが楽しそうだなと思いました。

――門司かれんを演じるにあたって

台本を読んだイメージ通りに演じました。前半は、守谷の一味なのか? と思わせるシーンがあるので、どちらとも受け取ってもらえるように意識しました。

――ディーンさん演じる“シャーロック”の印象

浮世離れしたというか、ああいうちょっと人間くさくない役がディーンさんにとてもお似合いだと思います。

――視聴者へメッセージ
 
最終回ももちろん、皆さんが楽しみにされていると思いますが、特別編が実は本当の最終回といいますか……特別編まででこのドラマの本当の終わりがくる話になっていると思うので、これを見た人と見なかった人とでは全然感想が違うのではないでしょうか。犯人たちのその後が見られるのも特別編ならではだと思うので、是非特別編も見て、この『シャーロック』全体を楽しんでいただけたらと思います。

関連記事(外部サイト)