中村倫也の恋愛論にスタジオ絶賛「女子たまらないだろうね!」『TOKIOカケル』

中村倫也の恋愛論にスタジオ絶賛「女子たまらないだろうね!」『TOKIOカケル』

中村倫也、柄本時生

中村倫也、柄本時生が、12月18日に放送される『TOKIOカケル』(フジテレビ系、毎週水曜23:00〜※この日は23:30〜)に登場。役柄によってさまざまな表情をみせる、注目の人気俳優、中村と柄本のプライベートにTOKIOが迫っていく。

収録後、中村が「TOKIOさんに丸裸にされました」と語るほど、恋愛観や私生活が次々と明かされる。赤裸々に語る中村と柄本に、松岡昌宏が「そういうのはダメだぞ!」と止める展開に。一体どのようなトークが繰り広げられるのか?

世の中の女性がいまさら男子に聞きたくても聞けない事を30代代表として中村、柄本、40代代表としてTOKIOに答えてもらう企画“教えて! 男子の正解!”を展開。今回はクリスマスに関するお悩みに答えていく。“クリスマス当日のお泊まりデートは、勝負下着を履いていく女子? 普段通りの下着の女子?”というお悩みが登場する。“勝負下着の女子”派の中村は「勝負下着についてしゃべって、照れている彼女が見たい」、“普段通りの女子派”柄本は「中身に興味があるので……」と漏らす。松岡は「新たな目線のエロですね」とニヤリ。女子禁制の男子トークに突入する。

また “彼氏へのクリスマスプレゼントは一緒に買いに行く女子? サプライズで用意する女子?“というお悩みが登場。“一緒に買いに行く女子”派の中村は「一緒におでかけできて、会う機会が増えるから」と理由を述べ、一同感心する。さらに「倫也くんは彼女にどうするの?」と尋ねられ、「完璧!」「これは女子たまらないだろうね!」とスタジオから賛辞の嵐を受けた中村の回答とは? 女子のみならず、男子も憧れる中村の恋愛論に注目だ。

ゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれた事がないであろう質問をTOKIOがぶつけてNGなしで答えてもらう企画“中村と柄本の生まれて初めて聞かれました”では、ふたりの私生活について迫っていく。国分と趣味の共通点が多いことが判明した中村は国分を質問攻めにする一幕も。また、“人生で一番ビビった人は誰?”と尋ねられると、中村は「いまだに夢にでてくる」という故・蜷川幸雄さん、柄本は父・柄本明の同じ俳優として「ビビった」というエピソードを語る。

オンエアを前に中村と柄本からコメントが到着。以下に紹介する。

――今回の収録について

中村:楽しかったです。国分さんの趣味は僕が目指しているところでした。お近づきになりたいなと思いました。今日が第一歩かな。

柄本:僕も楽しかったです。松岡さんとは何度かご一緒させていただいたんですけど、普段テレビで見ているここにいられるだけで興奮しました。

――TOKIOとの共演について

中村:2度目(の出演)ですし、気さくな方たちだと知っていたので楽しくできました。

柄本:テレビで見ていたまま、イメージと変わらない人だな、と! すてきだなぁ! と思いました。

――視聴者の方に見どころなどメッセージ

中村:僕らが丸裸にされるということで、普段あまりしゃべらないことをしゃべらさせていただきました。TOKIOの4人とクロストークに是非ドキドキしていただきたいなと思います。

柄本:中身のほうが好きだっていう……。

中村:テレビで何言ってるんだよ(笑)。

関連記事(外部サイト)