伊東ゆかり、ヒット曲「小指の想い出」が「本当は嫌だった」と吐露『サワコの朝』

伊東ゆかり、ヒット曲「小指の想い出」が「本当は嫌だった」と吐露『サワコの朝』

伊東ゆかり

伊東ゆかりが、12月21日に放送される阿川佐和子のトーク番組『サワコの朝』(MBS・TBS系、毎週土曜7:30〜)に出演する。

伊東は、20歳の時に大ヒット曲「小指の想い出」で『NHK紅白歌合戦』に出場。その年の日本レコード大賞歌謡賞を受賞するなど、一世を風靡した。さらに、中尾ミエ、園まりと結成した“スパーク3人娘”としても活躍。2005年には、解散から40年ぶりに3人娘が復活したことでも大きな話題になった。歌手生活67年目を迎えた現在はコンサートツアーで全国を巡り、変わらない歌声で人々を魅了し続けている。

しかし、意外にも「歌うことが大嫌いだった」と自身の幼少期を振り返る。厳しかった父の歌唱指導のもと、6歳から進駐軍で歌を披露していたものの「直立不動で笑いもしないで歌っていた。“ノンスマイル”いうあだ名がついたほど(笑)いつか辞めてやる。私はなんで歌わなきゃならないの? と思っていた」と当時の心境を吐露。さらに「本当は『小指の想い出』が嫌だった」と切り出した彼女が、当時の隠された苦悩を阿川に打ち明けた。

一方、プライベートでは、幼少期に母親が何度も変わるという辛い経験をした伊藤。50年ぶりに再会した生みの母とのエピソードや、「はっきり言って、一番ふてくされてました」と“スパーク3人娘時代”の秘話を阿川に語る。

関連記事(外部サイト)