新生『料理の鉄人』吉田鋼太郎の司会っぷりに足立梨花「こんなMC見たことない(笑)」

新生『料理の鉄人』吉田鋼太郎の司会っぷりに足立梨花「こんなMC見たことない(笑)」

左から、足立梨花、片平なぎさ、吉田鋼太郎、井上清華、陣内智則

あの伝説の料理番組『料理の鉄人』が、「科学×料理」というまったく新たなテーマで『料理の神様』(フジテレビ系、13:30〜)として12月28日(土)に大復活する。支配人に扮してMCを務めるのは吉田鋼太郎。吉田がTV番組でMCを務めるのは1年ぶりで料理番組では初めてとなる。

『料理の鉄人』は1993年から1999年にかけてフジテレビ系で放送され、「美食アカデミー」の初代主宰者に扮した鹿賀丈史が、数々の名勝負を見守る中、今なおTV史に輝く名シーンを数多生み出し、日本中に大ブームを巻き起こした。放送に幕を下ろしてから20年……鹿賀は、科学との融合が新たな料理の未来を切り開くと信じ、「キッチン・オクタゴン」という実験場を開設。そこは日々、科学的な見地から料理を分析し、料理に対する先入観や言い伝えを覆しながら、全く新たなレシピを生み出し続けている。そして、キッチン・オクタゴンは時に料理の格闘場にもなり、名料理人を招いては、支配人・吉田と秘書の井上清華(フジテレビアナウンサー)が見守る中、謎に満ちた凄腕の料理人であるミスター・ゼウスがキッチン・オクタゴンのレシピに忠実に作った料理と名料理人が作る料理、どちらが本当においしいのか、真剣勝負の火花が散らされている。

本日の料理対決の審査員に招かれたのは片平なぎさ、陣内智則、足立梨花。対決の実況を務めるのは伊藤利尋(フジテレビアナウンサー)、解説は『料理の鉄人』と同じく服部幸應。対決する料理には、キッチン・オクタゴンのオーナーである鹿賀により、ハンバーグと回鍋肉(ホイコーロー)の2品が選ばれた。

まずおこなわれたのはハンバーグ対決。キッチン・オクタゴンには「たいめいけん」の茂出木浩司、「東洋軒」の猪俣憲一、「ミート矢澤」の福島亮と、いずれも絶品のハンバーグで知られる名店のシェフが勢ぞろいする中、キッチン・オクタゴンのレシピを再現するミスター・ゼウスとの対決には茂出木が臨む。

ハンバーグが選ばれたのは、鹿賀が「A5ランクに頼らない、想像を超えるハンバーグに出会ってみたい」から。現に、「たいめいけん」のハンバーグもA5ランクの黒毛和牛のヒレ肉100%だ。吉田は「我々は気の遠くなるような調査と試行錯誤の末、ある牛肉にたどり着きました」と明かし、対決の幕が上がる。最高の食材と、思わず見とれてしまうほど鮮やかな職人技で料理する茂出木。一方、ミスター・ゼウスはあまりに意外な部位の肉を取り出し、さらに審査員の片平が思わず「和菓子を見ているみたい」と述べるほど、ハンバーグを作っているとは思えない料理法を披露する。しかし、これらはすべて科学的に分析した結果。審査員の陣内も、ミスター・ゼウスの料理法の意味を聞くと「なるほど!」と目からウロコ。そして、茂出木とミスター・ゼウスが作ったハンバーグは、一同困惑するほど、あまりに真逆なハンバーグ! 本当においしいのはどちらなのか? さらに料理番組初MCの吉田に、足立が「こんなMC見たことない(笑)」と思わず言う事態が……果たして何が!?

ハンバーグ対決に続き、おこなわれた回鍋肉対決。なぜ回鍋肉なのか? 鹿賀は「回鍋肉をフカヒレ料理に並ぶような一品にしたい」と言う。今、日本で広く食されている回鍋肉は、四川料理を日本で広めた天才料理人・陳建民が、日本人向けにアレンジして作り上げたもので、キッチン・オクタゴンが調べると、本場・中国の回鍋肉は食材も味も違い、さらに四川料理を代表する一品として扱われていた。そこで吉田は「建民さんが考案した回鍋肉を、我々が超えてみたい」と言い、ミスター・ゼウスとの対決の場には、建民の息子であり、あの中華の鉄人・陳建一が招かれた。圧巻としか言いようのない建一の料理、そんな建一を前に日本人が初めて出会う仰天の回鍋肉を披露する。

関連記事(外部サイト)