戸田恵梨香演じる喜美子、死期が近い父・北村一輝を励ますも…『スカーレット』第13週

戸田恵梨香演じる喜美子、死期が近い父・北村一輝を励ますも…『スカーレット』第13週

川原常治(北村一輝)、川原喜美子(戸田恵梨香)

戸田恵梨香がヒロインを務める『連続テレビ小説 スカーレット』(NHK総合、毎週月〜土曜8:00〜)。12月23日から第13週「愛いっぱいの器」が放送される。

本作は、『ホタルノヒカリ』『母になる』(日本テレビ系)の水橋文美江が脚本を担当。滋賀・信楽で男性ばかりの陶芸界に飛び込んだ川原喜美子(戸田)が、土と炎に向き合い、陶芸家として道を切り開いていく姿を描く。

昭和40年夏、27歳の喜美子には八郎(松下洸平)との間に、4歳になる武志が。独立した八郎と喜美子は、作業場「かわはら工房」を自宅脇に建て、八郎が作品づくりにいそしむかたわらで、喜美子は食器をたくさん作って家計を支える忙しい日々を送っており、武志の世話はむしろ八郎が多く担っているくらいだった。

そんな中、常治(北村一輝)の体調が悪く、もう長くないことがわかる。マツ(富田靖子)、百合子(福田麻由子)とともに、喜美子も大きな衝撃を受けるが、しっかり支えようと誓う喜美子。常治を励まそうと家族みんなで絵付けした皿を作ることに。そこに盛られたのは大野(マギー)、陽子(財前直見)、信作(林遣都)の心づくしのマツタケご飯だ。

常治はまもなく亡くなるが、喜美子は気丈にふるまう。葬儀が終わって直子(桜庭ななみ)が、見知らぬ男・鮫島(正門良規)を連れてようやく帰ってくるが、間に合わなかった理由は意外なものだった。

そんな中、照子(大島優子)が頼んで、信楽にジョージ富士川(西川貴教)が現れる。再会に驚く喜美子。かわはら工房を訪れたジョージ富士川は、自由なものづくりについて、喜美子と八郎に大きな影響を与える。喜美子にも、自らの作品を作りたいという気持ちが芽生えるが……。

関連記事(外部サイト)