500連射可能な巨大ゴム銃!?森川葵が「ゴム銃界の父」に弟子入り『それって!?実際どうなの課』

500連射可能な巨大ゴム銃!?森川葵が「ゴム銃界の父」に弟子入り『それって!?実際どうなの課』

森川葵

世の中の“今”を映し出すリアルドキュメントバラエティ『それって!?実際どうなの課』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週水曜23:59〜)。12月25日の放送は、森川葵が、ゴム銃界の父に弟子入りする。

SNSが発展するこの時代、巷にあふれる「気になるウマイ話」や真偽不明のネタ。忙しいし、やってもムダに終わったらイヤだし、ちょっと怖いから実際は手を出せない……そんなウワサの数々は“それって、実際どうなのか?”。そんな“気になる”ことを番組がカラダを張って、時間を使って調べていく。「どうなの課の課長」の生瀬勝久、「主任」の博多華丸・大吉、レギュラーの森川に加え、この日は大島美幸(森三中)、関太(タイムマシーン3号)が出演する。

数々の賞レースで優勝を逃し続け、「日本一」に憧れる男・関が日本一の称号を目指す。前回、「焼売詰め放題日本一」の称号を獲得し、以前の「ぶどう狩り日本一」と合わせて二冠を達成した関。そして、そんな関は野心を燃やし「日本一の三冠王」を目指すことに。今回は「エビの盛り放題」「マジックを見破る」「小魚釣り」「一日にジェットコースターに乗った回数」の日本一に挑戦する。ジェットコースターの記録はなんと210回だというが、その果てしない記録に挑戦し、ジェットコースターに乗り続けた関に異変が……!?

続いて取り上げるのは、子供の頃に割り箸などで作って遊んだ人も多いであろう、輪ゴムを飛ばす「ゴム銃」。そのゴム銃は令和となった今、驚きの進化を遂げていた。ゴム銃界に絶大な影響を誇る「ゴム銃界の父」なる人物に森川が弟子入りし、その奥深き世界を探る。そこでは、狙った場所へゴムを撃ち込む超精密な達人技や重さ12kgもあるという500連射が可能なステンレス製の巨大ゴム銃など驚きの連続! そして、達人たちから技を学んだ森川が、まさかの奇跡を起こすことに!?

関連記事(外部サイト)