大竹しのぶ、三谷幸喜らが『サワコの朝』で故和田誠さんを偲ぶ…妻・平野レミからコメントも

大竹しのぶ、三谷幸喜らが『サワコの朝』で故和田誠さんを偲ぶ…妻・平野レミからコメントも

阿川佐和子、三谷幸喜

12月28日の阿川佐和子のトーク番組『サワコの朝』(MBS・TBS系、毎週土曜7:30〜)は、番組と深い縁があり、今年10月に亡くなったイラストレーターの和田誠さんをゲストとともに偲ぶ、今年最後のスペシャル企画「私の愛した和田誠」を放送する。

白いハトがはばたくと、開いた窓の向こう側から阿川がにっこりほほ笑み「サワコの朝」のぬくもりある題字が浮かぶ……。そんな番組オープニングのあたたかいイラストを描いたのが和田さんだ。阿川とともに和田さんの思い出話に花を咲かせるゲストは3人。大の映画好きで和田さんと映画に関する共著も出版している脚本家・三谷幸喜、和田さんが初めてメガホンをとった映画『麻雀放浪記』(1984年)に出演した女優の大竹しのぶ、そして和田さんの絵に惹かれてデザイン業界を志したイラストレーターの南伸坊。この日、スタジオにはやさしいタッチの和田作品が飾られ、さながら一日限りの“和田誠ギャラリー”。和田さんのイラストそのままの温かな雰囲気で収録が始まった。

番組では、ゲストの3人がぞれぞれお気に入りの和田作品とともに和田さんの思い出を語る。三谷は、自身と憧れのビリー・ワイルダー監督、劇作家ニール・サイモンが描かれた似顔絵イラストを「これこそ家宝ですよ」とホクホク顔で披露する。トークでは、和田さんが絵をプレゼントしてくれた経緯や、和田さんのエッセイ「お楽しみはこれからだ」に夢中になった中学時代のエピソードを振り返る。

大竹の心に残る作品は、コンサートで販売するグッズ用に描いてもらったというロゴイラスト。「『なんでも使っていいよ』って言ってくださって、描いてくれたのがこの絵で……」と、おおらかで絵を描くことが大好きだった和田さんを回想する。和田さんらしいタッチで描かれた『麻雀放浪記』の絵コンテや、和田さんが企画・演出・進行を務め大竹がゲスト出演したコンサートの秘蔵映像も登場する。

そして、南の記憶に今もきらめく和田作品は、たばこ「ピース」の雑誌広告。中学時代にその広告と出合い、「これがすごく面白くて。こういうことをやりたいなぁと思った」という南が、和田作品の魅力を語る。

さらに、和田さんの妻で料理愛好家・平野レミから動画コメントも到着。「和田さんともっともっといっぱいしゃべりたかったし、もっといろんなこと聞きたかった」という平野。そんな平野が披露した遊び心あふれる和田作品に、スタジオの面々は大盛り上がりとなる。

『サワコの朝』がスタートしたのは2011年秋。それ以前から、和田さんはこの番組に愛情深くかかわってきた。阿川は「和田さんにね、音楽とオープニングの絵のことをご相談したら、すごく楽しそうに『あれがいい、これがいい』って」と面影を偲ぶ。さらに“テレビに出るのが大嫌い”な和田さんと『サワコの朝』の、阿川しか知らないとっておきエピソードも語られる。

最後は、三谷に「この(『サワコの朝』の)オープニングはずっと続くわけでしょ?」と聞かれた阿川が「もちろんですよ」「この番組はこれからも、和田誠さんの絵で始まりますので」と力強く返答。そして三谷からも、和田さんがタイトル画を担当した朝日新聞の連載コラム「三谷幸喜のありふれた生活」への思いが語られる。

関連記事(外部サイト)