まさかのタケコプターも!実現されつつある『ドラえもん』のひみつ道具を紹介

まさかのタケコプターも!実現されつつある『ドラえもん』のひみつ道具を紹介

竹内都子、鬼龍院翔、高橋茂雄

12月28日(土)19時30分から放送される『ドラえもん50周年』(NHK総合)では、「みんなみんなかなえてくれる♪ ひみつ道具と科学」と題して、藤子・F・不二雄の豊かな想像力から生まれたひみつ道具を題材に科学の最前線に迫っていく。

今回、高橋茂雄(サバンナ)、鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、竹内都子、粟野咲莉、ヒャダイン、山崎直子が出演。また、水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一らアニメの声優陣も声を担当する。

今から50年前、1970年1月号(1969年12月発売)の「小学1年生」など6誌で「ドラえもん」の連載がスタート。以来、四次元ポケットから取り出されたひみつ道具は1600以上。その夢の世界が今、次々と実現されつつある。

誰でも美しく映る「うそつきかがみ」は、スマホの顔加工アプリとして浸透。ジャイアンの耳ざわりな歌を歌手の美声に変える「声のキャンデー」は、259個の文章を読めばAIが学習して声の入れ替わりが可能に。

「タケコプター」は実現不可能だろうと思いきや、カナダを訪ねると足元にプロペラをつけた装置で空を自由に飛ぶ男が。番組では、そんな夢あふれる最新科学をたっぷりと紹介する。

関連記事(外部サイト)