唐沢寿明演じる秋津の目がハートに!?仲間由紀恵と初共演『ハラスメントゲーム』

唐沢寿明演じる秋津の目がハートに!?仲間由紀恵と初共演『ハラスメントゲーム』

唐沢寿明

唐沢寿明主演のドラマスペシャル『ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女』(テレビ東京系)が、1月10日(金)21時から放送される。オンエアを前に唐沢が取材に応じ、本作の見どころなどについて語った。

2018年10月クールで放送された井上由美子原作・脚本の『ハラスメントゲーム』は、社会に蔓延るセクハラやパワハラなどのハラスメント事件を一風変わった手法で痛快に解決するスーパー業界大手老舗会社「マルオーホールディングス」のコンプライアンス室長の秋津渉(唐沢)の奮闘を通して、ハラスメントの真髄に真っ向から挑んだ意欲作。今回のドラマスペシャルには、仲間由紀恵が過重労働撲滅特別対策班(通称・カトク)の鮫島冴子役でゲスト出演する。

仲間との共演について唐沢は、「仲間さんがNHK大河ドラマ『功名が辻』(2006年)に出演されていた時に挨拶はしているんですが、共演は初めて。人の良い方というか、演技も任せて安心な方です。そういう意味では今回すごく助かりました。彼女が出演してくれたおかげでパワーアップしたと思います」とにっこり。また、「髪の毛をかき上げる仕草だけで『仲間由紀恵です』という存在感がすごい。ひとつの個性を作り上げている人というのはなかなかいないので、すごい方ですよね」と、感心しきり。

働く人たちをテーマにしたドラマ枠「ドラマBiz」でオンエアされた『ハラスメントゲーム』にちなんで、働く人たちに向けてメッセージを求めたところ、「言い訳をしないこと」と返答。その理由は、「スポーツを見てなぜ感動をするのかというと、言い訳をしないからじゃないかな? 誤審があったとしても言い訳しない、一瞬にかけている人というのは見ていて感動しますね。例えば、羽生結弦選手は、ケガをして大変だったと思うけど『負けない』という気持ちがすごい。昨年のラグビーワールドカップも、ルールはわからないけど、あの一生懸命さに感動しました。自分もお手本にして、人からそういう風にみられるようになりたいと思います。スポーツ選手を見るとすごく勉強になる」と。

様々な作品で活躍する唐沢に、2020年の意気込みを訪ねたところ「オファーが来ることは、ありがたいと思っています。やれるうちは、やらなきゃいけないしね。今くらいの年齢が、アクションシーンをやるのにちょうど良いんですよ。若い時は、自分をカッコよく見せようとして早く動こうとするんですけど、アクションシーンというのは、ひとつの役つくりでもあるから、そこだけ独立しても違和感がある。役を冷静にとらえていくと、幾つになっても出来ることなんだな、と思いました。4年後は、還暦だから『ちゃんちゃんこ刑事』とかで赤いレザーの衣装でさ(笑)。演技のことを冷静に考えられる年齢になったので、今が一番楽しい時期だと思います」と、役者としての思いも明かしてくれた。

最後に本作の見どころについて唐沢は、「事件の真相について大どんでん返しがあったり、秋津の目がハートになる瞬間があったり(笑)。シビアな内容ですが、コメディ要素もあって、面白く出来上がっていると思います。魂を込めて作った作品なので、そういう思いが伝わるといいですね。何かを感じてほしい、と思って作っていますから、皆さんに見てもらいたいです!」とアピールした。

<ストーリー>
スーパー業界大手老舗会社「マルオーホールディングス」のコンプライアンス室長だった秋津渉(唐沢)が、本社乗っ取り事件顛末の責任を取って、マルオースーパー函館店の店長に就任して1年が経とうとしていた。そんな折、社長となった脇田治夫(高嶋政宏)から突然連絡が。それはコンプライアンス室臨時特任社員として、みなとみらい店で起きた事案を解決して欲しいという緊急の特命だった。急いで横浜に向かった秋津は、店長の梶川雅男(塚本高史)から、2日前の深夜に従業員の加納初美(唐田えりか)が店の屋上から投身自殺を図ったことを聞く。一命は取り留め現在入院中だが、その原因は副店長・中村一(萩原聖人)による残業の強要といったパワハラだという。中村は否定するが、梶川は初美から相談されていたらしい。世間にバレるのは時間の問題と判断した秋津は、早急に公表するため本社へ向かう。久々に訪れたコンプライアンス室は、あの水谷逸郎(佐野史郎)が室長に。元部下の高村真琴(広瀬アリス)は水谷のやる気のなさに手を焼いていた。秋津に招集された顧問弁護士・矢澤光太郎(古川雄輝)も加わり、かつてのメンバーで自殺騒動の解決に向けて動き出す。

脇田が開いた会見によって、ネットは大炎上、ワイドショーもマルオーを叩き、全店舗で客足が激減。梶川は「中村に辞めてもらうべき」と言い放つ。その矢先、秋津らが最も恐れていた組織も動き出す事態に。東京労働局と大阪労働局に設立された過重労働撲滅特別対策班、通称“カトク”。労働Gメンの精鋭部隊だ。みなとみらい店に現れたのは、中でも大手を摘発することに異常な闘志を燃やし、“人食いザメ”と恐れられる鮫島冴子(仲間)。劣悪な労働環境の疑いがあるとして徹底的な立ち入り調査を始めるが……。やがてみなとみらい店に潜むある闇にたどりつくこととなる。パワハラと思われた自殺騒動……その裏に隠された真実とは一体!? 秋津は窮地に追い込まれたマルオーを救うことができるのか? そして本当の黒幕、犯人は誰なのか?

関連記事(外部サイト)