齋藤飛鳥『乃木坂シネマズ〜STORY OF 46〜』1話に登場!幻想的な世界の衣装デザイナー役に挑戦

齋藤飛鳥『乃木坂シネマズ〜STORY OF 46〜』1話に登場!幻想的な世界の衣装デザイナー役に挑戦

柳沢翔監督が齋藤飛鳥の魅力を引き出す

乃木坂46が、気鋭のクリエイターとコラボするオリジナルドラマ『乃木坂シネマズ〜STORY OF 46〜』がFODで配信中。本作は人気メンバーがそれぞれ1話ずつ主演を務めるオムニバス形式で、#1「鳥,貴族」では、齋藤飛鳥が映像作家の柳沢翔監督と幻想的な世界を作り上げた。

日本人の父とミャンマー人の母を持つ齋藤は、2012年に乃木坂46の1期生としてデビュー。15thシングルの「裸足でSummer」や21thシングルの「ジコチューで行こう!」、23thシングル「Sing Out!」でセンターを務めるなど、現在まで乃木坂46の中心メンバーとして目覚ましい活躍を見せている。また、アイドルだけではなく、モデルや女優としても活動中。2020年夏公開の映画『映像研には手を出すな!』では主役を演じることが決定している。

一方、柳沢監督は乃木坂46のミュージックビデオのほか、数多くのCMやショートフィルムなどを手掛ける映像作家で、作品がカンヌ国際広告祭、Clio Awards、One Showの世界三大広告祭の全てで金賞を獲得。日本のトップクリエイターとして、大きな注目を集めている一人だ。

「鳥,貴族」では、柳沢監督が演出と脚本を担当。「鵜人」と呼ばれる種族と人間が共存している世界を舞台に、齋藤演じる衣装デザイナーのミトラと、栗原類演じる鵜人のムギとの儚くも美しい関係を描き出した。

衣装デザイナーとしてスランプを抱えていたミトラ(齋藤)は、恋人であるケイト(吉村界人)に対しても、冷たく接するようになっていた。ある日、ミトラは街の片隅にある古いドールショップで鵜人のムギ(栗原)と出会う。この世界で鵜人は人間から迫害されており、反抗する鵜人によるデモが度々勃発。ミトラも当初は異形の姿をしているムギに嫌悪感を示していたが、実直に人形作りと向き合うムギと接するうちに、次第に心を開いていく。

ムギが構想中の人形のスケッチにインスパイアされたミトラは、衣装を一緒に作らないかと提案。しかし、ムギは「すごくやりたいんですけど……」と言葉を詰まらせる。世の中では人間と鵜人の関係悪化に伴い、鵜人の音楽、小説、映像、玩具を規制する法案が可決されたのだ。

そんな折、ミトラはケイトがデモを鎮圧する機動隊に入隊したことを知る。鵜人の一部が暴徒化する中で、ミトラとムギの関係を快く思っていなかったケイトは、ムギのドールショップに足を踏み入れるのだった。

物語の背景を説明するようなせりふはごく僅かに絞られており、凝ったセットや小物、衣装などで世界観を表現。柳沢監督は、自然体で知的な齋藤のイメージを最大限活かした演出方法で、彼女の魅力をさらに際立たせることに成功した。物語の白眉は、ミトラがムギを思いトルソーの前でダンスを披露するクライマックスのシーン。窓から差し込む淡い光の中で、物憂げな表情で踊る齋藤の姿は、ファンならずとも必見だ。

なお、第2話以降の主演と監督は以下の通り。

第2話:秋元真夏×監督・松本優作
これはゲーム? 近未来の日本で起こる奇妙な物語

第3話:松村沙友理×監督・藤井亮
謎のキャラ・超魔空騎士との不思議なラブコメディ

第4話:山下美月×監督・宮部一通
変わったシステムの定食屋で起こるドタバタコメディ

第5話:北野日奈子×監督・小山巧
北野が演じるのは「結道」という青春スポコンドラマ

第6話:堀未央奈×監督・曽根隼人
堀は念願のアクションドラマの主人公にチャレンジ!

第7話:与田祐希×監督・アベラヒデノブ
与田はチビというコンプレックスを持った主人公に

第8話:生田絵梨花×監督・山岸聖太
生田が逮捕? 不思議なキャラがおりなすコメディ作品

第9話:久保史緒里×監督・谷川英司
久保はSFシリアスドラマでアンドロイド役を演じる

第10話:白石麻衣×監督・山田智和
謎の子を乗せたタクシーで繰り広げられる本格ドラマ

関連記事(外部サイト)