ヴィッセル神戸を変えた男、福富信也の“チームビルディング”とは?

ヴィッセル神戸を変えた男、福富信也の“チームビルディング”とは?

記事画像

ヴィッセル神戸のクラブ初タイトルに貢献した、組織作りのスペシャリスト福富信也(東京電機大教員)が、1月18日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20〜)にゲスト出演。組織の強さを引き出す“チームビルディング”の重要性について考えていく。

2019シーズン、南アフリカワールドカップの得点王ダビド・ビジャや日本代表の山口蛍、西大伍といった実力者総勢11人を補強して挑んだヴィッセル神戸。ところがシーズン前半は14試合で4勝8敗2分(勝率28%)、平均1.4得点と結果を出せず、一時は15位まで低迷。しかし、中断期間を挟んだシーズン後半、10勝7敗3分(勝率50%)、平均2得点とチーム状態は劇的に向上し、元日に国立競技場で行われた天皇杯決勝では、鹿島アントラーズを2−0で破り、悲願のクラブ初タイトルを手にした。

昨シーズンの中断期間中、ヴィッセル神戸のスポーツダイレクター・三浦淳寛が頼ったのが福富だった。2015年、三浦が出席したS級ライセンス養成講習会の講師だった福富と出会い意気投合。現状に危機感を持った三浦は、チームの停滞感を打破するために「チームの一体感」「結束力」「上手く行かないときの乗り越え方」「お互いのミスをカバーしあえる信頼関係の構築」などのチームの課題を伝え「どうか力を貸してほしい」と福富に依頼。そこから改革が始まった。

いったい福富は、スター選手が揃うヴィッセル神戸をどのようにして変えていったのか? 4つのキーワードと共に、具体的な組織の作り方を紹介しつつ、チームビルディングの秘訣を伝えていく。

関連記事(外部サイト)