竹原ピストル『ザ・ノンフィクション』のテーマ曲「サンサーラ」を熱唱!「自分では絶対に書けない歌詞」

竹原ピストル『ザ・ノンフィクション』のテーマ曲「サンサーラ」を熱唱!「自分では絶対に書けない歌詞」

竹原ピストルが「サンサーラ」を歌い上げる

歌手の竹原ピストルが、フジテレビで放送中のドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00〜 ※関東ローカル)のテーマ曲「サンサーラ」を歌うことが決定した。竹原の歌う新「サンサーラ」は、1月19日(日)の放送回から使用される。

「生きて〜る生きている〜」のメロディでお馴染みの「サンサーラ」は、番組のテーマ曲として2003年に誕生。当時のチーフプロデューサー・味谷和哉がアシスタントディレクター時代の1992年にインドをロケ中、朝もやのガンジス川を眺めながら、サビの歌詞とタイトルを思いついたのが全てのきっかけとなった。

サンスクリット語で「輪廻(りんね)転生」を意味するこの曲は、局や番組の垣根を超えて親しまれており、これまで中孝介、城南海など7組のアーティストが担当。2020年からは竹原が歌い継ぐことになる。

現在、最新アルバム「It's My Life」を引っさげて全国を弾き語りツアー中の竹原は、各地の楽屋で「サンサーラ」を歌い続けて、レコーディングに臨んだという。収録後に竹原は、「壮大さにおいて、自分では絶対に書けない歌詞ですし、多彩さにおいて、自分では絶対に書けないメロディです。やはりとても難しかったけれど、こういうことかな……とか、こうしてみたらどうだろう……と、自分の“間”や解釈と摺り合わせていく作業がとても楽しかったし、とても良い経験をさせていただいたと思っています」とコメント。

出来栄えについては、「自分なりの体重を乗せた『サンサーラ』を歌うことができたと思っています」と自信を伺わせ、「『サンサーラ』を歌わせていただいたこと、そしてそれを『ザ・ノンフィクション』で使っていただけること、とても光栄です。歌唱が、番組とうまく溶け合えたならば嬉しいです」と心境を語った。

今回、竹原を起用したチーフプロデューサーの西村陽次郎は、「4年前、小さなライブハウスで見た竹原ピストルさんの姿が強烈で……。ボタボタと滴り落ちる汗をぬぐいもせず、ギター1本でマイクに向かい、地面から鳴り響いてくるような歌声。竹原ピストルさんの歌う姿が『ザ・ノンフィクション』という番組の世界観と一つに結びついたんです」とオファーの理由を説明。

竹原の新「サンサーラ」については、「絶対にハマるだろうなあとは思っていたのですが、歌い出しを聴いて、思わず笑ってしまいました。竹原ピストルさんの声が『ザ・ノンフィクション』という番組をまさに体現してくれているというか……。番組の世界観をより広げてくれました」と絶賛した。

竹原の新「サンサーラ」は、19日放送の『ザ・ノンフィクション 私って嫁ですか 妻ですか 〜農家に嫁いだ友紀子の結婚〜』で初オンエア。500年続く専業農家の長男の嫁となった岩立友紀子さん(32)は、「農業は一切手伝わない」という条件のもと農家に嫁いできた。彼女が目指すのは、「農家の嫁」の新しいスタイルを確立すること。農家の嫁不足を目の当たりにした友紀子さんは、農家の男性を対象にした婚活サイトを立ち上げるのだが……。

関連記事(外部サイト)