アクション共演に「息を呑むほど圧倒された」清野菜名&横浜流星W主演『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』

アクション共演に「息を呑むほど圧倒された」清野菜名&横浜流星W主演『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』

記事画像

清野菜名・横浜流星W主演の連続ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜よる10:30〜)の第2話が1月19日に放送された。驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと、彼女を操る飼育員さんの最凶バディが追うのは、金のにおいを嗅ぎつけた悪党が暗躍する大学の不正入試問題。また今回はミスパンダと飼育員さんが相まみえる迫力のアクションシーンもあり、Twitterでは「2人のアクション、ダンスみたいー!」「ミスパンダとのアクションからのお姫様抱っこ!」「すげーアクションみた!」といった、反響も大きかった。

権力の甘い汁を吸い悪事を働く輩を懲らしめる、巷で噂のミスパンダ。その正体は、極端なネガティブ志向の囲碁棋士・川田レン(清野菜名)だが、彼女にその自覚はない。レンは医大生・森島直輝(横浜流星)により、催眠状態で別人格を刷り込まれていた。
この日、レンは直輝が通う東京誠立大学のキャンパスを訪れていた。直輝が気づいた瞬間、校内で学長がナイフを持った男に襲われる。男は学長を刺した後、すぐ近くにいたレンにも襲い掛かるが、そこに直輝が現れ……。

この事件を受けて、大学は記者会見を開くことに。副学長・池渕淳二(モロ師岡)の発表によると、学長は意識不明の重体で、犯人は浪人生だった。
「刺された原因は、あの告発が関係しているのでしょうか?」
池渕にこう質問したのは、テレビ局「全日テレビ」のフリーディレクター・神代一樹(要潤)。「あの告発」とは、学長の息子・岸本俊一(中尾暢樹)の入試成績表が、ネットに流出していたことだ。その成績が大学の合格基準に達していなかったことから、父親の権力によって不正に入学したのではないかと疑われていたのだ。神代の追求により、池渕は大学で不正入試が行われている事実を認める。さらに第三者委員会を設置し、徹底的に調査すると宣言するのだった。

そんな中、Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は直輝に、この不正入試事件について白黒つけるよう命令する。直輝の出身大学でもある案件に対し、「身近な場所にこそグレーゾーンは潜んでいます」とMr.ノーコンプライアンスは語る。

大学で浪人生に襲われたレンは、寸前で直輝に助けられていた。しかしその後、囲碁喫茶でのアルバイト中、ライターの炎をみてパニックに陥ってしまう。
「お姉ちゃんが……燃えて」
こうつぶやくレンには幼い頃、火事で姉を失ってしまった過去があった。そして「私だけが生きていてごめん」とずっと姉・リコに謝り続けていた。

一方、直輝は交際中の報道記者・佐島あずさ(白石聖)が待つレストランにいた。同席していたのはあずさの父・佐島源造(佐藤二朗)。その人物こそ直輝に指令を出す謎の男、Mr.ノーコンプライアンスだ。
食事中は直輝について、将来あずさを守ってくれるのか不安だと語る佐島。すると直輝はこう尋ねる。
「不安なのは、“コアラ男”のせいですか?」
あずさは中学時代、コアラ男を名乗る者に誘拐された過去があった。あずさは無事だったが、コアラ男はまだ逮捕されていないという。
この奇妙な3人の関係性に対してTwitterでは「直輝はどういうつもりで、あずさと付き合っているんだろ?」「それぞれ皆、闇が深そう」といった声が。

そして大学では、第三者委員会の中間報告が開催される。副学長・池渕は「不正入試が間違いのない事実」と宣言。さらに元文科省事務次官・柳本育郎(渡辺裕之)も同席し、「不正入試は岸本学長が直接行っていた」と語る。
しかしその時、会場が暗転。ミスパンダによるスライドショーが始まる。ミスパンダはある合コン現場をモニタリングしていた。
「私のパパは、元文科省事務次官・柳本育郎でーす!」
出席者の女子がこう語り、さらに「うちのパパは超すげーから」と自慢。娘が父をすごいと語る内容には衝撃の事実が。これがとんでもない暴露となる。果たしてミスパンダと飼育員がつけた白黒の真相とは……?

ネガティブ志向の原因となるレンの過去が少しずつ明かされた今回。そして直輝と交際中のあずさと父・佐島が抱える過去も、直輝に重大な関係がありそうだ。2人が抱える過去の闇にTwitterでは「直輝とレンの共通の模様は寂しさ? レンの過去を知るのが怖い」「過去がヘビー。でもパンダが可愛い。すごいバランスのドラマ」といった声が。謎多き2人のグレーゾーンも、今後白黒つくことになるのだろうか? 1月26日に放送される第3話に注目したい。

【文:高山 惠】

関連記事(外部サイト)