塚地武雅の“ヒロイン”ぶりを本上まなみ絶賛「可愛さに負けないようにするのが大変でした」『パパがも一度恋をした』

塚地武雅の“ヒロイン”ぶりを本上まなみ絶賛「可愛さに負けないようにするのが大変でした」『パパがも一度恋をした』

左から福本莉子、小澤征悦、塚地武雅、本上まなみ

2月1日にスタートする小澤征悦が主演を務めるオトナの土ドラ『パパがも一度恋をした』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40〜)の完成披露試写会が1月27日、都内で行われ、小澤のほか、共演者の塚地武雅(ドランクドラゴン)、本上まなみ、福本莉子が登壇した。

「オトナの土ドラ」24作目にして初のコメディ作品となる本ドラマは「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載された阿部潤による同名コミックが原作。妻が亡くなって以来、ショックで3年間引きこもり中の吾郎(小澤)の前に現れた不審な中年男が実は吾郎を心配するあまり、けなげにもおっさんの姿になって生まれ変わってきてくれた妻・多恵子(本上)の姿だったという奇想天外なストーリーが魅力のラブコメホームドラマ。

小澤は登壇すると、「現場の雰囲気はとてもいい。最高といってもいい」と現場でのチームワークの良さを強調。「今回自分の中で“まじめにバカをやる”というのを胸に演技をしていたんです。共演者の中では塚地さんが特に笑いのプロ。胸を借りるつもりでやっていました」と塚地の存在が心強かったと紹介。

一方、塚地は本ドラマで多恵子の生まれ変わりとなる「おっさん多恵子」を演じ、役者人生初のヒロインを経験。感想を問われると「思い切ってやってみました。見てくださった人にはどんな風に映ったのか」と照れ笑い。「一番最初にドラマのお話が来た時に、妻役ですよってマネージャーに言われて“何言ってんの”って思っていたんですけど、台本を読んでみたら、なるほどって。難しいだろうけど、やりがいもあるだろうってぜひやらせてくださいって受けたんです」とオファーを受けた際のことを振り返った。

塚地はまた、「女性の役みたいのはコントでやったことがあるんですけど、今回はメイクもなしでこのままで女の人に見えないといけない。そこが難しいポイントでした」と撮影中の苦労を吐露。「女性の人が立ち上がる時はどうしているだろうとか、それをスタッフさんに見せていただいて役に生かしたりしました。本上さんの仕草も見ていました」と演技の合間はずっと女性らしい仕草を研究して役に生かしていたという。

本上はこれに「塚地さんが可愛すぎて……。現場でその可愛さに負けないようにするのが大変でした。てへぺろとか急にするんですよ。こっちは必死ですよ」と嬉しそうに反応。また、小澤とは18年ぶりの共演だったとも明かし、「おおらかで安心感のある方。何の不安もなく撮影に入れました。大きな船に乗ってみんなで大海原にこぎだしたような感じでした」とその座長ぶりを絶賛した。

吾郎と多恵子の娘を演じる福本は「ものすごく毎日楽しくやっています」と撮影を楽しそうに回顧。「塚地さんが面白くて癒しになっています。どんどんツボに入ってしまって……。夜の撮影は特に面白くて危険でした」と塚地の面白さを熱っぽく力説していた。

関連記事(外部サイト)