双方が負けるよう指示されたらどうなる?ダブル八百長対決第3弾『水曜日のダウンタウン』

双方が負けるよう指示されたらどうなる?ダブル八百長対決第3弾『水曜日のダウンタウン』

記事画像

2月5日の『水曜日のダウンタウン』(TBS系、毎週水曜22:00〜)では、「ダブル八百長対決」の第3弾を放送する。

ダウンタウンがMCを務める同番組は、確かな裏付けや科学的根拠がなかろうと、個人が妄信的に信じ込む“説”を芸能人・有名人たちが独自の目線と切り口でプレゼン。その“説”についてスタジオの出演者と激論を交わしながら展開していく。

同日はプレゼンターとして、尾形貴弘(パンサー)、藤本敏史(FUJIWARA)、庄司智春(品川庄司)、パネラーとして、千原ジュニア(千原兄弟)、谷まりあ、辻本達規(BOYS AND MEN)、はいだしょうこが出演する。

対戦する2人がどちらもこっそり負けるように指示されていたら、どんな結果になるのかを探る「ダブル八百長対決」の第3弾を。今回は「大食い」と、全員が脱落するために嫌われにいく「恋愛サバイバル」で検証する。

また、「日本一の駅近物件なら電車がホームに到着してから家出ても間に合う説」と題して、日本全国駅近物件ランキングを発表。

さらに、ミスターSASUKEこと山田勝己にもドッキリを。「山田勝己に『SASUKE』と言わせずロケするの不可能説」と題して、山田に「SASUKE」と言われたら即終了の街ぶらロケを敢行する。

関連記事(外部サイト)