山田裕貴演じるゆとり男子「SEDAI WARS」2度目の開催を決めた黒幕に接近!?

山田裕貴演じるゆとり男子「SEDAI WARS」2度目の開催を決めた黒幕に接近!?

「SEDAI WARS」2度目の開催を決めた人物とは?

山田裕貴が主演を務めるドラマイズム『SEDAI WARS』(MBS、毎週日曜24:50〜/TBS、毎週火曜25:28〜)の第6話が、2月9日にMBS、2月11日にTBSで放送される。

舞台は近未来の日本。世代間の軋轢によって様々な問題が深刻化し、社会は崩壊の一途を辿っていた。そんな中、時の内閣総理大臣に代わって日本を治める大統領を決めるという「SEDAI WARS」の開催が発表された。それは“SEDAI(セダイ)”と呼ばれる各世代の代表者がVR空間内でバトルロイヤルを行うというトンデモない内容で……。団塊、バブル、ロスジェネ、ゆとり、そしてミレニアル。果たして、勝つのはどの世代か!? そしてSEDAIに選ばれてしまったゆとり世代の主人公・柏木悟の運命は――?

そして、監督は、米国の『パワーレンジャー』シリーズ監督・総合プロデューサーを歴任し、さらに日本3大ヒーロー全てでメイン監督をつとめた唯一の存在でヒーローアクションの第一人者・坂本浩一が担当。山田のほか、岡田浩暉、真飛聖、浅川梨奈、池田優斗、横山めぐみ、出合正幸、奥山かずさ、鈴木正幸、西岡徳馬、大友康平らが出演する。また「SEDAI WARS」のナビゲーター・GENの声を高山みなみが演じている。

<第6話あらすじ>
悟(山田)はバブル世代の大谷修(岡田)の協力を得て、安藤直樹元首相(大友)の秘書だった藤原愛(長澤奈央)と接触することに成功する。愛もまた、悟と同じく、誰が2度目の「SEDAI WARS」の開催を決めたのかを疑問に思っており、悟たちに情報を提供することにした。記録映像をチェックした結果、「SEDAI WARS」開催が決議された際、議員たちがVR式SNSアプリ「NTMY(ネトマイ)」の「女神ステージ」をプレイしていたことが判明。さらに、その「女神」の姿は、ある人物に酷似していた。

関連記事(外部サイト)