千葉雄大や中島健人もビックリ!?デヴィ夫人が世界の王室事情を暴露!『初耳学』

千葉雄大や中島健人もビックリ!?デヴィ夫人が世界の王室事情を暴露!『初耳学』

大政絢、林修、デヴィ夫人、澤部佑

2月9日の『林先生の初耳学』(MBS/TBS系、毎週日曜22:00〜)では、デヴィ夫人が世界の王室事情を暴露する。

全国から募集した選りすぐりの知識を、抜き打ちで林修先生に出題。物知りの林先生ですら知らなかったものを“初耳学”に認定する同番組。大政絢が初耳コンシェルジュを務めており、スタジオゲストとして、神田愛花、澤部佑(ハライチ)、立川志らく、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、千葉雄大、中島健人(Sexy Zone)、出題ゲストとして、デヴィ夫人、馬場裕之(ロバート)が出演する。

あるジャンルに熱狂的な知識を持つ“初耳フリーク”が林先生に挑戦する「初耳フリークからの出題」では、“王室フリーク”として 世界の王室事情を知り尽くすデヴィ夫人がスタジオに登場。

いつの時代も全世界からの注目の的となる王室だが、そこには、民間から王室にお嫁入りするドラマやドロドロのスキャンダルまで、様々な伝説が眠っている。今回は、7歳でプロポーズした少女の奇跡のシンデレラストーリー、国を揺るがせた薬物疑惑事件など、デヴィ夫人が特に驚いた実話を紹介する。

また、芸人NO.1の料理の腕前をもつ馬場が“塩フリーク”として出演。一般家庭の食卓では1〜2種類の塩を使いまわすのが普通だが、馬場はお肉、天ぷら、ごはんなど、食材や料理によって合う“ピンポイント塩”を使うことで食生活がより豊かになると提唱する。

そこで、いま日本で入手可能な約2000種類の塩の中から、たった4つ揃えるだけでどんな料理も100倍美味しくなるという塩を伝授。また、塩にまつわる自然界の驚きの事実も判明。塩と満月の意外な関係とは?

さらに、これからの時代の新しい仕事をクイズ形式で紹介する「中島健人の“令和のお仕事ピーポー!”」では、予約3年待ちの大人気女性クリエイターに密着。トップレベルになると年収数千万円も夢じゃない、その仕事内容が明らかになる。

関連記事(外部サイト)