梅宮辰夫さんがダウンタウンの番組出演を断らなかった意外な理由とは?『ダウンタウンなう』

梅宮辰夫さんがダウンタウンの番組出演を断らなかった意外な理由とは?『ダウンタウンなう』

梅宮百々果、梅宮クラウディア、梅宮アンナ

梅宮アンナ、母親の梅宮クラウディア、娘の梅宮百々果が、2月21日に放送される『ダウンタウンなう』(フジテレビ系、毎週金曜21:55〜)の人気企画「本気でハシゴ酒」に登場する。

「本音でハシゴ酒」は、ダウンタウン(浜田雅功、松本人志)と坂上忍が酒を飲みながら本音で語り合うコーナー。この日は、同局アナウンサー山崎夕貴が“飲み仲間”として参加し、八丁堀のお店をハシゴする。

昨年12月に亡くなった俳優・梅宮辰夫さんは生前、ダウンタウンの番組に数多く出演。特に浜田はプライベートでも彼を“辰兄(たつにい)”と呼ぶなど慕っており、家族ぐるみで付き合っていた。百々果は現在18歳だが、浜田は彼女のことを小さな時から知っていることもあり、「大きくなったなぁ……」と感慨深げに。辰夫さんが亡くなった際も浜田はすぐに駆けつけたといい、アンナは当時の彼の様子をものまねで再現する。普段の彼のイメージからは想像できないその様子に、アンナは思わず笑ってしまったと語る。

また、坂上は「梅宮辰夫はダウンタウンの番組は一度も断ったことがない」という伝説を紹介。ダウンタウンの2人のことが大好きだったという辰夫さんは、全身タイツやパイ投げなどのむちゃな要望にも全て応えてくれたのだそう。今回はそんな彼がダウンタウンと共演した際の貴重な映像が次々に登場し、一同は笑いの渦に包まれる。彼がここまでダウンタウンをかわいがり、番組に出演し続けた理由について、アンナは父が「ダウンタウンの番組は収録が楽しい」と話していたと明かす。しかしそこには、ある別の理由があるようで……? 彼女がそれを暴露すると、意外すぎるその理由に浜田が思わず吹き出す場面も。

さらに、梅宮家ならではのぶっとんだ子育てエピソードが明らかに。アンナは父に「いつも派手にしていなさい」としつけられていたと語り、そのために彼がオキシドールや炭酸飲料、レモンなどを使ってあることをしていたと話す。これに坂上は「最悪!」と渋い顔をし、浜田は「むちゃくちゃや」とあ然とする。また、百々果からは、辰夫さんが彼女を溺愛するが故の驚きのエピソードが飛び出す。同じゲーム機を何台も買い与える辰夫に対しクラウディアとアンナが注意すると、彼女たちがあきれかえる一言が返ってきたそう。一同も大爆笑したその一言とは?

もう1人のゲストは、5年連続で『NHK紅白歌合戦』に出場している演歌歌手の三山ひろし。“けん玉演歌歌手”として世間に知られている三山は、2017年からは紅白の舞台上で歌いながらのけん玉ギネス記録挑戦が恒例となっているが、今回はその裏側をぶっちゃける。

学生時代ヤンキーに憧れていたという三山は「見た目から入るタイプだった」と語る。成人式での写真が登場すると、あまりにも衝撃的な彼のビジュアルに山崎アナウンサーは困惑し、松本は「これで全部人となりが見える!」と笑う。また、当時の彼の愛車の写真も登場し、それを見るなり浜田は「やっとるな!」と叫ぶ。三山の温和なイメージとはかけ離れた、いかつくカスタマイズされた愛車に、松本は「結構悪かったんじゃないの?」と疑うほど。

さらに話題は、彼の代名詞とも言える“けん玉”へ。昨年の紅白歌合戦ではけん玉を125人が連続で成功させるギネス記録に挑戦したが、86番のゼッケンを付けた男性が玉を落としてしまい、惜しくもチャレンジ失敗となった。歌っている三山もその場の客の様子からチャレンジ失敗を悟ったと語り、一同は86番の男性の話でもちきりに。そしてなんと、失敗の張本人である86番の彼が登場する。けん玉のエキスパートである彼だが極度の緊張で失敗してしまったそうで、当時の悪夢のような心境を語り、笑いを誘う。また、せっかく彼が登場したということで、三山の新曲の告知をかけて、全員で“けん玉リレー”に挑戦することに。挑戦を前に練習を始める一同だったが、明らかに1人だけ下手な人物が。果たして、リレーに成功し、見事紅白のリベンジを果たすことはできるのか?

関連記事(外部サイト)