前田敦子演じる子持ちの魔法使い、魔王討伐で夫と離婚危機!?『伝説のお母さん』第6話

前田敦子演じる子持ちの魔法使い、魔王討伐で夫と離婚危機!?『伝説のお母さん』第6話

メイ(前田敦子)

前田敦子が出産後初のドラマ主演を務めるよるドラ『伝説のお母さん』(NHK総合、毎週土曜23:30〜)の第6話が、3月7日に放送される。

物語の舞台は、誰もが夢中になったあのロールプレイングゲーム(RPG)を彷彿とさせる世界。そこに生きる“伝説の魔法使い”メイは、8か月の赤ちゃんを育てる新米ママで、家事に育児に冒険に奮闘。待機児童にワンオペ育児、“無理ゲー”な問題山積みの子育てを“ファンタジーなのにリアル”に描くRPG子育てストーリー。

前田のほかに、玉置玲央、井之脇海、MEGUMI、片山友希、前原瑞樹、村上新悟、大東駿介、大倉孝二、大地真央らが出演する。

<第6話あらすじ>
「冒険に出たい」と自らの意志で立ち上がったメイ(前田)。内緒で出場した、魔王討伐の新メンバーを選ぶトーナメント会場で夫のモブ(玉置)と鉢合わせる。言い争う2人を笑って傍観する国王(大倉)に、カトウ(井之脇)が思わず「陛下のせいです」と言ってしまったことから、モブが仕事をクビになった裏事情が明らかになる。

ショックを受けたモブは会場から飛び出し、魔王(大地)に寝返ったマサムネ(大東)に愚痴を言う。モブの家出に落ち込むメイは、この際モブと離婚すべきだと仲間のベラ(MEGUMI)やポコ(片山)に忠告されてしまう。

家に帰りたくないモブはマサムネの元に身を寄せるが、そこは魔界で魔王の手が迫っていた……。

関連記事(外部サイト)