香取慎吾、草なぎ剛が見た欽ちゃんとは?希代のコメディアンの知られざる日々を追う『プロフェッショナル 仕事の流儀』

香取慎吾、草なぎ剛が見た欽ちゃんとは?希代のコメディアンの知られざる日々を追う『プロフェッショナル 仕事の流儀』

萩本欽一

3月10日放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK総合、毎週火曜22:30〜)は、「全力で、いってみよう!〜コメディアン・萩本欽一〜」と題して、萩本欽一に密着する。

同番組は、さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に、掘り下げる新しいドキュメンタリー番組。

「視聴率100%男」と称された、テレビ界のレジェンド・萩本は現在78歳。去年4月、萩本は通っていた駒澤大学を自主退学。80歳までの残り2年間を“笑い”に専念すると決めた。「いいコメディアン、いい笑いをする人をつくりたい」と、去年9月からは無名の芸人や俳優を相手に、萩本みずからが笑いの技術を徹底指導している。

さらに、自身がMCを務める『欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)』(NHK総合)では、新たなコント作りに挑戦。その舞台裏に密着した際、「昭和の心地よい、奥ゆかしい、そんな笑いがこれからますます欲しくなる。そういう時代が間違いなく来る」と語る萩本。

また、太田光(爆笑問題)、香取慎吾、草なぎ剛が見た欽ちゃんとは? さけられない“老い”と闘いながら追い求める理想の笑いとは? 希代のコメディアン“欽ちゃん”の知られざる日々を追う。

関連記事(外部サイト)