SixTONES松村北斗『10の秘密』第9話は一番ワクワク「鍵となるシーンが多々隠されている」

SixTONES松村北斗『10の秘密』第9話は一番ワクワク「鍵となるシーンが多々隠されている」

松村北斗(SixTONES)

向井理が主演を務めるドラマ『10の秘密』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00〜)の第9話が、3月10日に放送される。

向井演じる主人公・白河圭太の愛する娘が何者かに誘拐されることに端を発し、圭太と関わるさまざまな登場人物たちの計り知れない秘密が絡み合い、次々に事件が巻き起こるオリジナル脚本の本格サスペンス。向井のほか、仲間由紀恵、仲里依紗、松村北斗(SixTONES)、佐野史郎、名取裕子、渡部篤郎らが出演する。

第8話では、逃亡する由貴子(仲間)をのせた小型船が圭太と菜七子(仲)の目の前で突然爆発すると言う、衝撃的なラストを迎えた。また、母親の死の真相を確認するため、竜二(渡部)に接触した翼(松村)だったが、“10年前の火事”のアリバイを主張され、真実は闇に。

第9話では由貴子の死は事故ではなく、他殺の可能性があったことを圭太は刑事から聞かされる。そして、事故現場にいた圭太に対しても疑いの目が向けられる……。

一方、母親の死の真相を突き止めるため奔走する翼と圭太。2人は“10年前の火事”での驚くべき秘密をある人物から聞き出し、遂に真相が明らかになる。

翼を演じる松村は「自分としては、一番ワクワクする放送回。クライマックスに向けての鍵となるシーンが多々隠されていることから見ごたえがあり、のめりこめる!」と話した。松村自身、ドラマ撮影の中で大変だったのは第9話だと言う。「第5話も大事なシーンでしたが、最終話に向けクライマックスとなるので、核心に迫る部分をどこまで表現できるかを考えたのが第9話でした。実に繊細な内容なので。全話とも全力で翼を演じさせてもらえたのでドラマの撮影は楽しく、さまざまな場面で芝居に監督からリクエストをいただけるとより楽しさが増すという感じ」と翼を演じてきた感想を含め撮影を振り返った。

<第9話あらすじ>
由貴子(仲間)を乗せ海へ走り去った小型船が、圭太(向井)と菜七子(仲)の目の前で爆発した。状況から見て由貴子が生存している可能性は低く、事態は思わぬ形で幕切れを迎えたかに見えた。しかし、警察の調べにより、爆発が事故ではなく故意である可能性が浮上し、疑いの目は元夫の圭太にも向けられる。

一方で、翼(松村)の母親が亡くなった10年前の火事についても、現場となった別荘で幼い自分が目撃した男に関して、遂に真相が判明する。圭太は、突然母親を失った瞳(山田杏奈)の複雑な心中を知り、由貴子の死の真相を突き止めようとしていた。そんな父親を心配して瞳が帰宅すると、家には怪しい人物の影が――!

はたして、10年前に翼の母親を殺した犯人とは!? 由貴子の死の真相は? 物語は、すべての謎が解き明かされるクライマックスへ!

関連記事(外部サイト)