GACKT、毎年恒例の“卒業式ライブ”を『Mステ』で!コロナでの卒後業式自粛受け

GACKT、毎年恒例の“卒業式ライブ”を『Mステ』で!コロナでの卒後業式自粛受け

GACKT

GACKTが、3月13日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系、毎週金曜21:00〜)に出演。GACKTが毎年行ってきた卒業式ライブを今年は同番組で全国の卒業生たちに向け、2006年にある少年との約束から生まれた卒業ソング「野に咲く花のように」を披露する。

2005年、ラジオ番組で兵庫県立舞子高等学校の生徒から「自分の在籍する学科が定員割れの危機に瀕しているため応援して欲しい」との相談を受けたGACKT。その際に「学科の意義や魅力を自分らの手でアピールする活動をおこしてみてはどうか」と提案し、「定員割れを防ぐことができた場合、卒業式へ歌を書き下ろして贈る」と約束していた。

兵庫県立舞子高等学校は見事、学科の志望人数が定員を上回ることに。その生徒との約束を果たすため、GACKTは楽曲の制作を開始し、2006年2月28日、同校の卒業式にサプライズゲストとして出席し、2日前に出来上がったばかりの書き下ろし曲「野に咲く花のように」を披露した。

その年以来、2019年まで13回にわたって毎年卒業式ライブを行ってきたGACKT。しかし今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、式を行わない、あるいは規模縮小を決める学校が多くなっている。

そんな状況にGACKTは「今年は卒業式を取りやめにになった学校もかなり多いって聞くから……。そういう生徒に少しでも花を添えられたらって思って、今回『Mステ』出演を決めた」と今回の出演のきっかけを告白し、「だから、卒業する生徒たちがこれを見て頑張ろうって思ってくれたら幸い」と、新たな門出を迎える卒業生たちにエールをおくった。

今回番組は、卒業シーズンにちなみ、卒業ソングを特集。卒業式の中止や規模の縮小が相次ぐ中、「本当は最後に友達と一緒に歌いたかった!」という曲を視聴者から募集。友達との思い出が詰まった珠玉の卒業ソングをランキングで紹介する。

「桜」「蕾」といった卒業シーズンの定番曲を数々生み出してきたコブクロも出演。2001年にリリースされて以来、新生活の応援ソングとして支持され続けているメジャーデビュー曲「YELL〜エール〜」、そして約1年半ぶりのシングル「卒業」を披露する。

また、川嶋あいは『Mステ』初出演。2006年のリリース以降、卒業ソングとして愛され続ける名曲「旅立ちの日に…」を歌唱する。

【出演アーティスト】(※50音順)
AKB48/「失恋、ありがとう」
岡村靖幸さらにライムスター/「マクガフィン」
GACKT/「野に咲く花のように」
川嶋あい/「旅立ちの日に…」
コブクロ/「卒業」「YELL〜エール〜」
HiHi Jets(ジャニーズJr.)/「HiHi Jets」「ZENSHIN」「情熱ジャンボリー」

関連記事(外部サイト)

×