女優・福原遥、子役のイメージからの脱却!「何を言っても優等生みたいに…」悩みも吐露『情熱大陸』

女優・福原遥、子役のイメージからの脱却!「何を言っても優等生みたいに…」悩みも吐露『情熱大陸』

福原遥

3月22日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系、毎週日曜23:00〜※この日は23:25〜)は、ネクストブレイク必至と若い世代から大きな支持を集めている、女優で歌手の福原遥に密着する。

かつて、子供向け料理番組で「クッキンアイドル・まいん」として人気を博してから約10年。芸能人としてのキャリアは15年となり、少女から大人の女性に成長した福原は今、大きく羽ばたこうとしている。

2019年は主演映画が2本公開され、話題のテレビドラマに立て続けに出演するなど、女優として開眼した1年となった。そして、2020年は女優業に加え、歌手としての活動にも力を入れており、自らの胸の内を歌詞に乗せ、同世代にエールを送る新曲を3月にリリースした。

一見、順風満帆な芸能生活を送っているように見える福原だが、「まいんちゃん」のイメージからの脱却に苦しんだ時期もあったという。芸能界を辞めて、メイクアップアーティストになろうと本気で考えたこともあるそうだ。

番組では、様々な現場に同行したが、どこへ行っても福原の評判は上々。スタッフ・共演者は皆口を揃えて「本当にいい子」だという。しかし、芸能界には「いい子は大成しない」というジンクスが。人を押しのけてでも勝ち残っていくんだ、という気の強さが必要だとも言われている。

福原自身も、「何を言っても優等生みたいに受け取られる」と悩みを吐露。女優、声優、モデル、歌手と活躍の場を広げるのは、一方で、芸能界で生き残るための身に付けるべき「武器」を探しているかのようだ。21歳の彼女が次に見据えるステージとは? その成長の軌跡を追う。

関連記事(外部サイト)