中田英寿、全国4か所で「日本が世界に誇れる伝統文化」伝える『世界一受けたい授業』

中田英寿、全国4か所で「日本が世界に誇れる伝統文化」伝える『世界一受けたい授業』

中田英寿「日本が世界に誇れる伝統文化」を伝える。

中田英寿が、4月18日放送の『世界一受けたい授業』(日本テレビ系、毎週土曜19:56〜)に出演する。

同番組は各界のスペシャリストが“目からウロコ”な授業を展開する新型アカデミック・バラエティ。司会を堺正章、くりぃむしちゅー(上田晋也、有田哲平)が務める。

この日は、「中田英寿・特別授業『日本が世界に誇れる伝統文化』スペシャル」。特別授業は、中田が47都道府県20万kmを旅して再発見した、日本の伝統文化の魅力を伝えるというもの。

今回は、埼玉県狭山市の手もみ茶、石川県の九谷焼、秋田県の日本酒、そして鹿児島県の鰹節を紹介。中田の旅同様、各地で中田自身が現場に訪れ、世界に誇る日本の文化となる職人が披露する伝統の技を通して、古くて新しい日本文化の粋を堪能できる、番組始まって以来、初めての課外授業スタイルでのまさに“特別な”授業となっている。

関連記事(外部サイト)