高畑充希「カメラを向けられているのが怖い」憧れの女優からサプライズメッセージも『サワコの朝』

高畑充希「カメラを向けられているのが怖い」憧れの女優からサプライズメッセージも『サワコの朝』

高畑充希

高畑充希が、4月4日に放送される阿川佐和子のトーク番組『サワコの朝』(MBS・TBS系、毎週土曜7:30〜)に出演する。

高畑は15歳でミュージカル『ピーターパン』の主役に抜擢され、17歳の時には舞台『奇跡の人』でヘレン・ケラー役を熱演。シリアスな役からコミカルな役まで幅広くこなす演技派女優として多くの作品で輝き続けている。

3年前にはギリシャ悲劇『エレクトラ』で憧れの女優と初共演が実現。2人はお互いを憎しみ合う母と娘の役を演じ、舞台の上では激しく罵り合ったそう。高畑にはサプライズとなるその女優からのメッセージ映像を紹介しながら、共演時のエピソードを聞いていく。

また、自身の幼少期について、1人で舞台のモノマネをして遊ぶほど、とにかく“舞台”が大好きだったと振り返るも「人の先頭に立つとか、学級委員長をやるとか、めちゃくちゃ程遠い学生だった」と、前に出るタイプではなかったと振り返る。大舞台で活躍する今の自分を「こんな未来が待っているとは想像していなかった」と話しサワコを驚かせる。今でも「カメラを向けられているのが怖い」といい、映画でもドラマでもカメラが怖いのだとか。番組では、劇中では見られない高畑の意外な素顔にサワコが迫る。

関連記事(外部サイト)