シシド・カフカ、二条城の野望渦巻く煌びやかな仕掛けに驚愕!『新美の巨人たち』

シシド・カフカ、二条城の野望渦巻く煌びやかな仕掛けに驚愕!『新美の巨人たち』

シシド・カフカ

シシド・カフカが、4月18日に放送される『新美の巨人たちスペシャル』(テレビ東京系、毎週土曜22:00〜)に、旅人として登場。今回は、シリーズ「春の京都で美に憩う」第3弾として、世界遺産・二条城を2週連続で紹介する。

同番組は、旅人=アートトラベラーが、毎回作品が展示されている美術館や建築物、ゆかりがある場所などへ足を運び、作品の秘密や、アーティストの人生に迫り、より豊かな美術鑑賞の旅へと視聴者を誘うもの。

前編では、徳川家光の野望渦巻く煌びやかな仕掛けや、将軍ならではの庭への驚きのこだわりにシシドが迫る。

関ヶ原の戦いの翌年に徳川家康が築城した二条城は、一般の城とは全く違う姿をしているのだが一体なぜなのか? 1626年、三代将軍・家光が大改築を敢行。美術史に名を残す巨匠たちによって、美しく煌びやかに装飾された建物や庭に驚きの仕掛けが施されていた。そこには家光の苦悩と野望が……!

関連記事(外部サイト)