江口洋介と滝藤賢一が夫婦間のルール、子育ての心得を明かす「TOKIOが相手だからしゃべりすぎた」

江口洋介と滝藤賢一が夫婦間のルール、子育ての心得を明かす「TOKIOが相手だからしゃべりすぎた」

江口洋介、滝藤賢一

江口洋介と滝藤賢一が、4月22日に放送される『TOKIOカケル』(フジテレビ系、毎週水曜23:00〜)にゲスト出演。互いに結婚21年目を迎えることから、夫婦間のルール、子育ての心得について明かす。

同番組は、TOKIOメンバーとゲストが、駆け引きを使ってさまざまなオリジナルゲームなどを展開するバラエティ。

TOKIOがゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれた事がないであろう質問をゲストにぶつける企画「生まれてはじめて聞かれました」では、長瀬智也が2児の父である江口、4児の父である滝藤に「子供に気まずいことを聞かれたらどうしますか?」と質問する。江口は「子供から聞かれたことで気まずいと思ったことはないですね。こんなこと聞く年齢になったのか……と感心する気持ちのが大きい」と振り返る。また、普段から「“最近どうなんだよ?”とか子供と話す時間を持つように意識しています」と子育てのスタンスについて明かす。

一方、遠藤は「“子供はどうやって産まれるの?”と聞かれたらどうしますか?」の質問に仰天回答!? TOKIOと江口らに「もっと違う言い方あるでしょ!」とツッコまれる一幕も。さらに城島茂が「最近の買い物で奥さんに怒られたものは?」と質問。それに対し、妻に怒られないために買い物の際に気をつけているという江口のマイルールが明かされる。片や「怒られたことがない」という滝藤だが、その驚きの金銭感覚を聞いたTOKIOに責められるまさかの展開に……!?

また、江口と滝藤が同じ年齢の時にどんなことをしていたのかを年齢ごとに並べた“タメ年表”で2人のキャリアを振り返る。江口は28歳の時に出演した映画『スワロウテイル』(1996年)について、「最初オファーをいただいていた役は違う役だった」と明かす。「爽やかな役を演じることが多く、その印象を壊したいという衝動に駆られていた」という当時の江口がとった行動がキャスティングを覆すことに! 滝藤もまた、自身の出世作である映画『クライマーズ・ハイ』(2008年)が「実は違う役のオーディションを受ける予定だった」と告白。それぞれの知られざる制作秘話とは?

以下、江口と遠藤のコメントを紹介する。

<江口洋介、滝藤賢一コメント>
――収録の感想は?

江口:滝藤さんは同じ俳優同士、仕事のこと、私生活のこと、今日は両方とも聞けて面白かったです。TOKIOのメンバーが盛り上げてくれて、ちょっと深い話もできたかなと思って楽しめました。

滝藤:僕は憧れの江口さんの話をたくさん聞けてうれしかったですね。江口さんに聞きたい事がたくさんあったので、今日はたくさん聞けて楽しかったです。

――子育てトークで盛り上がっていましたが、普段テレビでは話さない事もあったのでは?

江口:話さざるを得ない状況でしたので(笑)。

滝藤:あんまり、お子さんの話ってされてないですよね。

江口:子供のためにしない方がいいかな、と、あんまりしてこなかったですね。でも、もう大人だから。最近はそう考えるようになって平気でしています。でも子供が小さい時は本当にしなかったです。

滝藤:僕はこういう機会がないといろんな事を思い出さないんですよ。“こういう事あったかな”とか奥さんと話すきっかけにもなるし、振り返るきっかけになって良いですよね。

――“タメ年表”をご覧になっていかがでしたか?

江口:“あの頃忙しかったなあ”とかいろいろ思い出したりしますけど、やっている事は今も変わらないので不思議な世界だなとつくづく思いますね。昔のものを見るとまた改めてやりたいなという気分になってきますし。

滝藤:僕は自分よりも、江口さんの映像を見ながら「え、これが21歳なの?」「これが24歳?」とか驚きましたし、「『救命病棟24時』はもうやらないのかな。出たいな」とかそういう事を思いながら見ていました。『スワロウテイル』なんて衝撃でしたよ。やはりトレンディドラマで演じる江口さんの印象がとても強かったので、めちゃめちゃかっこいいなと当時思いました。あと、映画『凶気の桜』などかっこいい作品がいっぱいありますからね、江口さんは。本当に憧れです。

――TOKIOの新たな発見はありましたか?

江口:仲が良いけど、でもあんまりベタベタに私生活の話をしているわけでもなく、いい距離感でいるんだろうなという印象です。いつ会っても変わっていないからこちらもすごくフラットにしゃべれて楽しくやらせてもらいました。

滝藤:他のグループにはない空気感がありますよね。ものすごく疲れているでしょうに、ものすごくエネルギッシュで、すごく素敵な方たちだなと思います。

――視聴者へメッセージをお願いします。

江口:1年ぶりに出た番組で、TOKIOの番組だからこそ、しゃべりすぎてしまったところはあるんですが(笑)、楽しんで見てもらえたらいいなと思っています。

滝藤:僕は江口さんとバラエティに出るなんてこと自体が本当に奇跡なんで、どう見てもらっても構いません(笑)。僕は大満足です!

関連記事(外部サイト)